女子必見!脇の黒ずみを予防するおすすめ脱毛方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇のムダ毛処理を続けるうちに「だんだん黒ずみが増えてきた!」と感じていませんか?

ムダ毛を放っておくわけにもいかないので、できるだけ黒ずみが増えない方法で処理したいですよね。

もしかすると普段行っているムダ毛処理が黒ずみを増やす原因になっているかもしれません。

皮膚に負担の少ない方法でムダ毛処理することで、脇の黒ずみを予防したり改善することができます。

このページでは脇に黒ずみを増やさないためのムダ毛処理方法と、ぜひ取り入れてほしいスキンケアをご紹介します!

脇に黒ずみができる原因

ムダ毛処理の刺激が黒ずみの大きな原因

脇に黒ずみができる原因は大きくわけて2つあり、

  • 刺激によるメラニンの増加
  • 古い角質や汚れが毛穴に詰まっている

このような原因で黒ずみが増えます。

黒ずみを増やしてしまうような刺激の強いムダ毛処理が頻繁に行われることで、どんどん黒ずみが目立ち改善されない状態が続きます。

普段のムダ毛処理にカミソリを使っていませんか?

一番手軽な方法ですが、カミソリでのムダ毛処理を繰り返すことで慢性的に皮膚が刺激を受け、黒ずみの元であるメラニンの生成を促進してしまいます。

毛抜き・除毛クリームはダメージが強い

ピンセット等で毛を抜いているという方もいると思いますが、トラブルにつながるのでやめましょう

毛を抜くことで埋没毛(埋もれ毛)になることがあります。

これは皮膚や毛穴が傷ついてかさぶたができ、本来なら出てくるはずの毛が出てこれない状態です。

(出典:http://and-spread.jp/mens/%E3%81%B2%E3%81%92%E8%84%B1%E6%AF%9B)

さらに悪化すると毛穴に細菌が入り毛嚢炎を起こし、赤みが出たり膿んでしまうことがあります。

これらが繰り返されることで炎症性色素沈着が起こり黒ずみとして皮膚に残ってしまいます

埋没毛を無理矢理押し出そうとしたりピンセットでほじくるのは絶対にやめましょう。

また、除毛クリームには毛を溶かす強い薬剤が使われ、皮膚への刺激が強く炎症を起こす可能性があるため避けましょう。

脇の黒ずみを予防するには?

黒ずみの元であるメラニンは刺激を受けることで増えるため、できるだけ刺激の少ないするムダ毛処理を選ぶことが大切です。

自分でムダ毛処理をするなら電気シェーバーをおすすめします。

カミソリよりも皮膚への負担が少なく、刃が直接皮膚に触れないのでカミソリ負けを防げます。

自分でムダ毛処理をするのが面倒だったり、黒ずみを作らず綺麗にムダ毛を無くしたい方にはプロに脱毛してもらうと良いでしょう。

プロの脱毛を受けて黒ずみ予防

(出典:https://www.epiler.jp/plan/campaign/wakiplan/)

プロにムダ毛処理してもらうメリット

自己処理に比べて皮膚へのダメージが少なく、綺麗にムダ毛を無くすことができます

さらにムダ毛が無くなることで自己処理する回数も減り、慢性的な刺激が少なくなるので黒ずみが改善されていきます

また炎症を抑えるアフターケアもしてもらえることも嬉しいポイントです。

脱毛サロンでの脱毛

脱毛サロン(エステサロン)では光脱毛という方法でムダ毛処理をします。

(出典:http://musee-pla.com/about/method/)

光脱毛には主に2種類あり、毛に反応する特殊な光を当て脱毛するIPL脱毛と、毛の成長を抑えるジェルと光を使うS.S.C脱毛があります。

光脱毛は比較的痛みが少なく、脇なら一回の施術は10分程度で終わります。

サロンによっては脱毛と同時に美肌効果を得られる施術をしているところもあります。

通い放題○○○円・全△回△△△円など比較的手ごろな価格で通えるものの、医療機器ではないため効果が優しめで脱毛が完了するまでの期間が長くなります

クリニックでの脱毛

皮膚科・美容皮膚科等では医療レーザーを使います。

医療レーザーは毛根に直接ダメージを与え毛が生えてこないようにする方法です。

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

クリニックによって使用する機器は異なり痛みを感じることもあります

医療レーザーを使った脱毛は効果が高く、毛がなくなるまでの期間が短いのが特徴です。

医療機器とはいえ保険適用外であることがほとんどです。

クリニックでの脱毛も価格が手ごろになってきて、1回2,000円程度で受けられるクリニックや回数無制限○○○円というクリニックもあります。

脱毛サロン・クリニックに共通すること

脱毛サロンもクリニックも2ヶ月に1回程度のペースで通います。

これは毛が生え変わるサイクルである毛周期が関係しています。

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

毛周期は2か月前後で繰り返され、このうち成長初期~成長期を狙うことで高い脱毛効果を得られます。

しかし、成長期にぴったり合わせるのは困難なので、数回通って徐々に毛を少なくしていきます

脇の黒ずみ予防は毎日のスキンケアも大切

自分でムダ毛処理したあとはもちろん、プロの脱毛を受けたあとも油断せずスキンケアをしましょう!

美白と保湿は欠かせない

黒ずみの元であるメラニンに働きかける美白化粧品を使い黒ずみを予防・改善しましょう。

とくに美白効果が高いと言われている以下の3つの成分が配合されている商品がおすすめです。

  • トラネキサム酸・・・メラニンができるしくみそのものに働きかけメラニンの生成を抑える
  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの生成を抑える、ターンオーバーを促す
  • プラセンタエキス・・・メラニンの生成を抑える、ターンオーバーを促す

脇の黒ずみを予防するには保湿も必要です。

皮膚の乾燥が進むとバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなりメラニンが増える原因になります。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

さらに皮膚を守るために角質が厚くなるとメラニンがなかなか排出されず黒ずみが目立ったり、ターンオーバーの乱れにもつながります。

美白と保湿が同時にできる脇の黒ずみに特化した化粧品も販売されているので、ひとつ持っていると便利です。

プロに頼りながらセルフケア続けると◎

私はカミソリを使ったムダ毛処理をしばらく続けていたのですが、黒ずみが増えた感じがして嫌だったので数年前から脱毛サロンに通っています。

そのおかげか、黒ずみは少しずつ改善されて目立たなくなり、自分でムダ毛処理しなくて済むのでとっても楽になりました。

個人的には自己処理するより断然おすすめです。

さらに普段のスキンケアも忘れずに取り入れ黒ずみ予防をしましょう。

脱毛サロンとクリニックでは通う期間も価格も差があるため、自分に負担のない方を選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*