目的別に解説!脇の黒ずみを本気で改善するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇の黒ずみを本気で改善したいと思っていませんか?

脇に黒ずみがあると、服の隙間から見えてしまわないかと不安になりますよね。

脇の黒ずみは効果の出るケアや予防を続けることで改善します。

しかし、脇に黒ずみができる原因はいくつかあり、薄くする方法も複数あります。

「私の脇の黒ずみを改善するには、結局何が一番良い方法なんだろう?」と悩んでしまいますよね。

  • 自分でできるケアをしたい
  • とにかく早く治したい
  • 特別なものを準備せずに予防したい

そんなあなたに、脇の黒ずみを本気で改善するための一番続けやすい方法を提案します。

このページを読み終わったころには、脇に黒ずみができる原因やこれからどのように改善していけば良いかなど、脇の黒ずみを改善するためのすべての知識が手に入ります。

あなたに合う方法を続けて、脇の黒ずみの悩みを解決しましょう!

脇に黒ずみができる原因

脇の黒ずみの大きな原因は、外部刺激を受けてメラニンが増えることです。

さらに乾燥によって刺激を受けやすい肌状態であることも黒ずみを作りやすくします。

また古い角質や汚れ、ホルモンバランスの変化も黒ずみを目立たせます。

ひとつひとつ解説していきます!

刺激を受けてメラニンが増える

メラニンは皮膚が外部刺激を受けたとき皮膚を守るために作られます。

以下のような原因でメラニンが作られ、脇に黒ずみが増えます。

  • 服と脇が擦れる
  • 清潔にしようとゴシゴシ強く洗う
  • ムダ毛処理で肌が傷つく
  • あせもができて引っ掻いてしまう

このような刺激が繰り返されることで黒ずみが増えてしまいます。

 

メラニンができるまでを皮膚の構造と一緒に解説します。

目に見えている、いわゆる「肌」は表皮と言います。

この表皮は4層に分かれていて、一番下の基底層にメラニンを作り出すラノサイトが存在します。

(出典:http://www.kao.com/jp/skincare/structure_02.html)

皮膚が摩擦や紫外線などの刺激を受けたとき、メラノサイトが「細胞守らなきゃ!」とメラニンを作ります。

これは皮膚の奥深くまでメージを与えないように保護する機能です。

このしくみは肌にとって大切な機能ですが、美容やファッションにとっては黒ずみを増やす厄介なものですね。

間違ったムダ毛処理が黒ずみを増やす

黒ずみを増やしてしまうような刺激の強いムダ毛処理が繰り返されることで、メラニンが増え黒ずみが改善されない状態が続きます。

  • カミソリ

一番手軽な方法ですが、皮膚表面の必要な角質まで取ってしまい皮膚が乾燥しやすく敏感になります

剃ってもすぐ生えてくるのでまた剃って、生えて、を繰り返しダメージの悪循環につながります。

  • 毛抜き

ピンセットなどで毛を抜くのは毛穴へのダメージが強く、毛穴が炎症をおこしたり出血することがあるのでやめましょう。

毛抜きが繰り返されることで炎症性色素沈着という黒ずみが起こり皮膚に残ってしまいます。

さらに、毛を抜くと埋没毛(埋もれ毛)になることがあります。

(出典:https://www.chuoh-clinic.co.jp/care/datsumou_trouble/)

これは皮膚や毛穴が傷ついてかさぶたができ、出てくるはずの毛が出てこれない状態です。

埋没毛を出そうと無理矢理ピンセットでほじくるのは、皮膚や毛穴を傷つけるので絶対にやめましょう。

  • 除毛クリーム

除毛クリームには毛を溶かす強い薬剤が使われています。

この薬剤は皮膚への刺激も強く、かぶれなどの炎症を起こす可能性がありおすすめできません。

脇が乾燥して刺激を受けやすい

乾燥していて刺激を受けやすい肌になることも黒ずみを増やすきっかけになります。

皮膚が乾燥するとバリア機能が低下します。

バリア機能とは、角質層の水分の蒸発を防ぎ乾燥や刺激から皮膚を守ることです。

皮脂膜・天然保湿因子・角質細胞間脂質の3つによって保たれています。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

バリア機能が弱くなると表皮の一番上の角質層(角層)に隙間ができ、水分が蒸発しやすく乾燥が進みます。

すると本来ならバリアできたはずの摩擦などの刺激を受けやすくなり、メラニンが余計に作られてしまいます

また、脇に汗をかいたあとそのままにしていると、汗が乾くと同時に皮膚の水分も一緒に蒸発し皮膚が乾燥します

ムダ毛処理のあと敏感になっている脇を保湿しないことも、乾燥を引き起こす原因のひとつです。

 

◎バリア機能を維持する3つの要素とは

皮脂膜・天然保湿因子・角質細胞間脂質の3つがバランスよく保たれることでバリア機能を維持できます。

どれも摩擦や加齢によって減ってしまうので、刺激を与えないよう気を配り化粧品で補いましょう。

(出典:https://www.almediaweb.jp/stomacare/medical/contents/selfcare/016.html)

  • 皮脂膜

汗と皮脂が混ざったもので、皮膚に膜を作り水分の蒸発を防いでいます

  • 天然保湿因子

角質層の中にあり、水分をつかんで保湿したり肌の弾力に関わっています

  • 角質細胞間脂質

角質層の水分の8割程度を占め、隙間を埋めて刺激やウイルスの侵入から皮膚を守る重要な働きをしています。

代表的な成分はセラミドです。

古い角質や汚れが溜まっている

古い角質と皮脂が混ざった角栓が毛穴に詰まったり、制汗剤の洗い流しが不十分で成分が毛穴に詰まり黒ずんで見えます。

この黒ずみは鼻にできやすい詰まり毛穴のような状態です。

ざらついて毛穴が黒ずんでいます。

さらに角質肥厚を起こすことも黒ずみを目立たせます。

角質肥厚とは角質が分厚くなることです。

本来はターンオーバーによって古い角質やメラニンが剥がれ落ちます。

しかしターンオーバーが乱れて古い角質が剥がれ落ちなかったり、皮膚への刺激が多くメラニンが増えすぎると剥がれ落ちるまでに時間がかかり、皮膚表面に残って黒ずみになります。

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

◎ターンオーバーって何?

「肌の新陳代謝」のことで、皮膚が生まれ変わるサイクルです。

角化とも言われ、ターンオーバーが繰り返されるときに古い角質と一緒にメラニンも剥がれ落ちます。

(出典:https://www.placentaya.com/contents/turnover.html)

「ターンオーバーは28日周期で繰り返される」とよく聞きますよね。

28日というのは肌を健やかに保てる周期の目安で、年齢や生活習慣などによって周期は変わります。

ターンオーバーが早すぎると角質が十分に育たず肌が敏感になり、遅ければ古い角質がなかなか剥がれ落ちず黒ずみなどの肌トラブルを起こします。

以下のような原因でターンオーバーが乱れてしまいます。

  • 紫外線
  • 摩擦などの外部刺激
  • ホルモンバランス
  • 血行不良
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • タバコ
  • お酒

ホルモンの変化で黒ずみが増えることもある

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンは、メラノサイトを刺激する働きがあります

これは脇の黒ずみだけでなくバストトップやデリケートゾーンなど全身に起こります。

生理・妊娠・出産

このような女性特有のホルモンバランスの変化によって黒ずみが増えるのは自然なことです。

ホルモンバランスの変化を止めることはできませんが、毎日のスキンケアを丁寧に行えば黒ずみの悪化を防げま

脇の黒ずみを薄くする一番簡単な方法

自宅で自分でできるケアを続け脇の黒ずみを薄くしたい方にオススメです!

美白化粧品を使う

脇の黒ずみを予防したり薄くする効果が期待できる商品です。

脇の黒ずみの大きな原因は刺激を受けメラニンが増えることです。

美白化粧品には、メラニンの生成を抑えたり、できたメラニンを薄くする作用のある成分が含まれています。

さらに保湿成分も含まれている商品がほとんどで、美白と同時にうるおいを与え刺激に強い肌を作ります。

なかには脇以外の黒ずみに使える商品、臭いケアや肌荒れ予防成分が含まれる商品もあります。

ひとつあればいろんな悩みに効いてとても便利ですね。

脇の美白化粧品はドラッグストアやネット通販などで購入できます。

価格は1,000円~1万円前後、ネット通販では定期購入にすると4,000円前後で購入できるものが多いです。

美白化粧品を選ぶポイント

薬ではないため即効性はなく、効果が出るまで最低でも1ヶ月程度かかります

より効果が期待でき安心して使うための2つのポイントをご紹介します。

1.成分に注目!

「脇の黒ずみを改善するため」に買うわけですから、なにより美白成分にこだわって商品を選びましょう。

なかでも医薬部外品という商品は、厚生労働省に効果が認められた有効成分が一定の濃度で配合されていて、普通の化粧品よりも美白効果が期待できます。

「薬ほど強い作用ではないけど、化粧品よりも美白に効果があるよ」といった感じです。

また皮膚を乾燥から守る保湿成分も要チェックです。

美白しながら保湿して、バリア機能を高めて黒ずみができにくいお肌にしましょう!

以下の成分を参考に選んでみてくださいね。

美白成分

  • トラネキサム酸

黒ずみの正体であるメラニンそのものに働きかけ予防する効果があります。

肝斑の治療に効果があったことで、黒ずみなどの肌トラブルにも使われるようになりました。

メラノサイトがメラニンを作るときに発生する物質や、メラノサイトを活性化させる物質の働きを抑える効果があります。

メラニンが作られる初期段階でブロックする美白効果の高い成分です。

(出典:https://osakado.cc/detail/021848_tranexamic-acid-250.html)

  • プラセンタエキス

メラノサイトがメラニンを作り出すときに発生させるチロシナーゼの働きを抑え、黒ずみができないよう予防します。

プラセンタエキスにはターンオーバーを促進しメラニンを排出する効果もあります。

アンチエイジング化粧品によく配合されている成分です。

コラーゲンなど肌のハリや弾力の元となるものを作る作用もあり、美肌効果の高い成分です。

(出典:https://www.cosme.net/beautist/article/2100865)

  • ビタミンC誘導体

抗酸化作用があり、メラニンの生成を押さえ黒ずみを予防する効果があります。

抗酸化とは、体内の活性酸素が増えすぎないよう抑える作用のことです。

活性酸素が増えすぎると細胞にダメージを与え、黒ずみなどの肌トラブルに繋がると考えられています。

またターンオーバーを整える作用もあるので、古い角質やメラニンを剥がれ落ちやすくします。

(出典:http://flair-shop.jp/feature/simivc.html)

保湿成分

  • セラミド

水分を挟み込んで保湿するバリア機能に欠かせない成分です。

角質層の細胞同士をくっつけ隙間を埋め、刺激やウイルスから肌を守ります。

セラミドには数種類ありますが、なかでもヒト型セラミドのセラミド1・2・3が皮膚の保湿力や浸透力が高いす。

(出典:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/special/astalift/jelly-technology/)

  • ヒアルロン酸

水分を抱え込んで保湿する効果があり、皮膚のうるおいや弾力に欠かせない成分です。

化粧品に配合されているヒアルロン酸は、角質層の水分を補いバリア機能をサポートします。

大きさにより皮膚への浸透力が変わり、とくに低分子ヒアルロン酸は浸透力が高いのが特徴です。

(出典:http://www.blueflag.co.jp/pc/supplement/category/001010023/list/)

  • コラーゲン

皮膚の主要成分で水分を抱え込む力が高く、ハリや弾力に関わっています

元々真皮に存在しているコラーゲンはタンパク質でできていて、骨や血管にも含まれる体に欠かせない成分です。

化粧品に配合されているコラーゲンは表皮まで浸透して保湿します。

年齢とともに減っていくため、化粧品などで補う必要があります。

(出典:http://www.glico.co.jp/laboratory/health_science/hesperidin/hesperidin08_3.html)

2.返金保証制度は必須!

ネット通販で美白化粧品を買うときに絶対確認してほしいのが返金保証制度です。

美白化粧品はたくさんあり、どれが自分の肌に合うかは使ってみないとわからないというのが正直なところです。

買ってみて「肌に合わないな」「これ効果ある?」と感じたとき、返金保証付きなら解約できるので安心して始められますね。

脇の黒ずみはプロの脱毛を受けて予防しよう

プロの脱毛で黒ずみが予防できる理由

脱毛に通って毛が少なくなると自己処理する回数が減り、慢性的な刺激が少なくなるので黒ずみが改善されていきます。

刺激が脇の黒ずみを増やす大きな原因のひとつです。

ムダ毛さえ生えてこなくなればカミソリ等を使う必要もありません。

自己処理よりも綺麗にムダ毛を無くせるというのも良い点です。

プロが行う脱毛には、脱毛サロンと医療脱毛があります。

どちらも回数無制限で脇の脱毛し放題プランを行っているところが多く、金額にあまり差はないので通いやすい方を選びましょう。

脇に黒ずみがあっても脱毛できる?

脇に黒ずみがある場合は機器の出力を弱めて脱毛します

日焼けしている肌・ほくろ・傷がある部位以外は基本的に脱毛ができます。

ただし、黒ずみが濃い場合には機器が反応しやすく痛みを感じたりやけどしてしまう恐れがあります

契約する前にカウンセリングで黒ずみがあることを伝え、脱毛が受けられるか確認しましょう。

脱毛サロンと医療脱毛に共通すること

どちらも2ヶ月に1回程度のペースで通います。

これは毛が生え変わるサイクルである毛周期が関係しています。

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

毛周期は2ヶ月前後で繰り返され、毛の成長初期~成長期を狙うことで高い脱毛効果を得られます。

しかし、今が成長初期だ!と見極めるのは困難なので数回通い徐々に毛を少なくしていきます

1回施術を受けただけで永久に生えてこなくなるわけではないので覚えておきましょう。

脱毛サロンと医療脱毛の違い

1.効果が出るまでの期間

脱毛サロンで行う光脱毛は、毛に反応する特殊な光を当て脱毛を促進します。

毛を無くすというよりは毛を減らす方法です。

(出典:https://www.epiler.jp/plan/campaign/wakiplan/)

光脱毛は医療機器ではないので脱毛効果が優しく、皮膚へのダメージや痛みが少ないのが特徴です。

脱毛が完了するまでに1~2年程度かかります。

一方、皮膚科・美容外科が行う医療脱毛は、医療レーザーを使い毛根に直接ダメージを与え毛が生えてこないようにする方法です。

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

医療レーザーは医療機関のみ使える機器で、脱毛効果が高く光脱毛よりも早く毛がなくなります。

その分痛みが強いという特徴もあります。

2.施術するスタッフ

脱毛サロンはエステティシャンや社内研修を受けたスタッフが担当します。

医療脱毛は医師や看護師など医療の国家資格を持つスタッフが担当します。

万が一脱毛を受けているときにトラブルが起きた場合、すぐに対応できるのは医療脱毛とも言えます。

安全面を考えると医療脱毛の方がオススメです。

脇の黒ずみを早く治したいなら皮膚科へ

イベントなど控えていてとにかく早く治したいという方にオススメです!

皮膚科で脇の黒ずみは治せるの?

皮膚科で受ける治療は脇の黒ずみを最短で薄くする方法です。

美白化粧品で黒ずみを薄くしたり、脱毛で脇の黒ずみを予防するのはどうしても時間がかかり、即効性があるとは言えません。

治療費は高めですが、治療法によっては最短一日で黒ずみを無くすことができます

治療の特徴と治療費の目安をご紹介します。

脇の黒ずみ治療の種類

1.レーザー治療

治療費:1回10,000円~

(出典:http://www.crossclinic.jp/article/13805183.html)

メラニンに反応する医療レーザーを使い、脇の黒ずみを薄くします。

シミや肝斑の治療にも使われる方法で黒ずみ改善効果が高いのが特徴です。

数回通って徐々に黒ずみを薄くしていくのが基本です。

クリニックによっては一日で治療が終わる機器を使っているところもあります。

2.塗り薬を使った治療

治療費:1種類2,000円~

美白効果のある塗り薬を使って徐々に黒ずみを薄くします。

使用方法を間違うと肌トラブルを起こす可能性があるため、必ず医師の診察を受け処方してもらいましょう。

脇の黒ずみ治療に使う薬で代表的な2種類をご紹介します。

  • ハイドロキノン

メラニンの生成を抑えたり、メラニンを作るメラノサイトを減らす作用があります。

「皮膚の漂白剤」と言われるほど美白効果が高い成分です。

刺激が強いため人によっては皮膚に赤みやかゆみが出たり、部分的に白くなってしまう白斑が出ることもあります。

  • トレチノイン

ターンオーバーを促し、古い角質や増えたメラニンを取り除く作用があります。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する効果もあり、ハリのある皮膚に近づくことができます。

皮脂を抑える効果もありニキビの治療にも使われています。

3.ケミカルピーリング

治療費:1回5,000円~

(出典:http://www.kmshinjuku.com/peeling.html)

グリコール酸や乳酸などの薬剤を使い、酸の力で古い角質・メラニン・角栓など余分なものを取り除き黒ずみを薄くします。

古い角質やメラニンが取り除かれることでターンオーバーもスムーズになります。

数回通って黒ずみを薄くしていきます。

4.イオン導入

治療費:1回5,000円~

(出典:http://skincare-nagoya.com/medical/ion.html)

微弱な電流を発生するイオン導入機で浸透させ黒ずみを薄くします。

ただ塗るだけよりも浸透力が高く、美白成分の効果をより発揮できます

イオン導入に使われるのはビタミンCやトラネキサム酸などの美白成分です。

ケミカルピーリングなどほかの治療法と組み合わせることもあります。

脇の黒ずみ治療の注意点

1.治療費に幅がある

治療費は数千円~数万円まで幅があります。

美容皮膚科でレーザー治療などの専門的な機器を使って治療する場合は、保険適用外であることがほとんどです。

一般的な皮膚科を受診し、塗り薬を使った治療の場合は保険が適用されることもあります。

2.人により治療に時間がかかる

黒ずみの濃さは個人差があるため、無くなるまでに時間がかかることもあります。

また使っている機器や薬によっても効果はさまざまです。

どれくらいの期間通うか医師に確認し、納得した上で治療を始めることが大切です。

今すぐできる脇の黒ずみ予防

「美白化粧品をわざわざ買うのは面倒」「皮膚科の治療はお金がかかるから嫌」

という方は、これから紹介する予防法をぜひ試してください!

どれも簡単で、特別な何かを準備する必要もなく今日から始められます

すぐに黒ずみがなくなるわけではないので根気よく続けましょう!

保湿する

普段顔や体に使っている化粧品・ボディクリーム等で保湿しましょう。

乾燥は刺激を受けやすいお肌を作るきっかけになります。

潤いを補って刺激に強いお肌に近づけましょう!

ムダ毛処理に気をつける

ムダ毛を自己処理するときは電気シェーバーを使い、肌に直接刃が当たりにくい工夫をしましょう。

脇のムダ毛処理は皮膚に刺激を与える大きな原因のひとつです。

カミソリを使いたいときはシェービングクリームや乳液を塗って肌を保護し、負担を減らして行いましょう。

汗を抑えたいときには

制汗剤を使うときは量に気をつけ、成分が肌に残らないよう洗い流しましょう。

吸水性や速乾性のあるインナーを着たり、ワキ汗パッドのように服に付けるタイプのものを使うと毛穴の詰まりを予防できます。

脇を清潔に保つ

脇は汗と皮脂の分泌が多い部位です。

脇を洗うときにはボディソープ等をしっかり泡立て、ゴシゴシこすらず優しくなでるように洗いましょう

汗をかいたときにはこすってふき取るのではなく、押さえるように汗をふき取ると摩擦も少ないです。

通気性のよい服で蒸れを防ぐことも大切です。

目的・期間・予算に合わせて続けやすい方法を選ぼう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

脇に黒ずみができる原因から予防・治療の方法まで詳しく解説しました。

脇の黒ずみは、普段のちょっとした刺激やスキンケア不足が積み重なることで増えます。

たとえ皮膚科で治療しても、そのあとケアせず過ごしていればまた黒ずみは増えてしまいます。

保湿したり刺激を与えないようにするのはどの改善方法にも共通するケアです。

あなたにとって負担が少なく、続けやすい方法で脇の黒ずみを改善してくださいね。

脇の黒ずみを改善して、ファッションもイベントも思いっきり楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*