【原因・予防・治療】本当に正しいVIOの黒ずみ解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VIOの黒ずみを綺麗にしたいと思っていませんか?

誰かに見せることも見せてもらうこともできず、比較のしようがないためどうしたらよいか一人で悩んでしまいますよね。

私自身VIO脱毛をしたことがきっかけで気になり始め、何をしたら綺麗になるのかと悩んでいました。

このページでは

  • なんでVIOに黒ずみができるの?
  • 治す方法はないのかな
  • 美白クリームを使ったらいいの?
  • 予防するには何をしたらいい?

このようなVIOの黒ずみの悩みや疑問を解決するすべての知識をまとめています。

VIOの黒ずみは正しいケアをすれば悪化を予防できます。

同じ悩みを抱えている一人として、原因から予防・治療法までわかりやすく解説します!

何でVIOに黒ずみができるの?

VIOに黒ずみができる大きな原因は慢性的な刺激です。

そこに乾燥ターンオーバーの乱れ加齢などの影響が重なり悪化してしまいます。

原因を知り本当に必要な対策をして黒ずみを改善しましょう。

ひとつひとつ解説していきます!

慢性的に刺激を受けている

VIOは下着や服などの摩擦・締め付けの刺激を常に受けています。

この刺激が積み重なると少しずつメラニンが増え、黒ずみが目立つようになります

(出典:http://www.skincare-univ.com/t/1244-porescare/)

これは、皮膚に外部からの刺激を受けた時にメラノサイトが反応し、メラニンを作って皮膚を守る機能です。

この機能自体は大切ですが、美容やファッションにとっては黒ずみを増やす厄介な機能ですね。

ターンオーバーが乱れている

通常、増えたメラニンはターンオーバーによって古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

しかしターンオーバーが乱れて剥がれ落ちるまでに時間がかかったり、メラニンが増えすぎてターンオーバーでの排出が間に合わないと皮膚表面に黒ずみが残ります

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

ターンオーバーは「皮膚の新陳代謝」「角化」とも呼ばれる皮膚の生まれ変わりのサイクルのことです。

28日周期が良いとよく聞きますが、これは皮膚の健康を保てる目安でさまざまな原因によって乱れてしまいます。

(出典:https://www.placentaya.com/contents/turnover.html)

以下のような原因で周期が乱れてしまいます。

  • 加齢
  • 乾燥
  • 紫外線
  • 摩擦などの外部刺激
  • ホルモンバランス
  • 血行不良
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • タバコ
  • お酒

乾燥してバリア機能が弱くなる

バリア機能とは、角質層の水分の蒸発を防ぎ、乾燥や刺激から皮膚を守る機能のことです。

乾燥が進むと皮膚の水分が蒸発しやすくなり、隙間ができて外部からの刺激に敏感になって黒ずみができやすくなります

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

VIOはもともと皮膚が薄くデリケートな部位で、顔のように化粧水や乳液を塗ることもあまりないため乾燥が起こりやすい状態です。

そのため刺激にラノサイトが過剰に反応してメラニンを増やします

また、皮膚が乾燥すると角質を厚くして水分の蒸発を防ごうとします。

これを角質肥厚といい、メラニンを含む古い角質が皮膚表面に積み重なっていき黒ずみが目立ちます

(出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1129.do)

加齢・ホルモンバランスの変化

年を重ねるごとにターンオーバーの周期が長くなり、増えたメラニンの排出が遅れてしまいます

周期の変化を見てみると、20代に比べて40代は倍近い日数かかります。

(出典:https://www.mebiusseiyaku.co.jp/item/77.html)

ターンオーバーの周期が加齢とともに長くなること自体は自然なことです。

ただ、黒ずみの元であるメラニンが肌から剥がれ落ちるまでに時間がかかるので、黒ずみが目立ってしまうのです。

さらに女性特有のホルモンバランスの変化で黒ずみが濃くなることもあります。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あるのですが、そのうちプロゲステロンはメラニンを作り出すメラノサイトを刺激すると言われています。

VIOに黒ずみを増やす行動

下着や服の締め付け・摩擦

サイズの合っていない下着をつけていたりピタッとした服を着ることが多いと、皮膚と生地が擦れて黒ずみの元であるメラニンがたくさん作られてしまいます

また自転車によく乗ったり運動を定期的にしている方は、その時に摩擦が起こり黒ずみが増えやすい傾向があります。

間違ったムダ毛処理

カミソリは皮膚表面の必要な角質まではがしてしまい、黒ずみを増やすだけでなくバリア機能の低下につながります

VIOの皮膚は薄くデリケートで乾燥しやすい部位です。

カミソリは手軽でムダ毛もすぐなくせますが、剃る・生える・剃るの繰り返しによってメラニンがどんどん増えてしまい黒ずみが目立つようになります。

さらに毛抜きは皮膚だけでなく毛穴まで傷つけてしまいます

すると刺激によって黒ずみが増えたり、そこから雑菌が入って炎症を起こすなどのトラブルにつながります。

VIOのムダ毛処理でカミソリや毛抜きを使うのはおすすめできません。

皮膚トラブルがある

ニキビ・あせも・かゆみなどの皮膚トラブルを放っておくと、その炎症の刺激がメラニンを増やし黒ずみを濃くしてしまうことがあります。

生理時の蒸れもかゆみを引き起こす原因のひとつです。

清潔にしようとやりがちなこと

  • トイレットペーパーで必要以上に拭く
  • ボディソープでゴシゴシ洗う

このような行動も黒ずみを増やしてしまいます。

一般的なボディソープはVIOには刺激が強く、必要以上に洗ってしまうと黒ずみが増えるだけでなく、免疫力が下がったり臭いなどのトラブルにつながる場合があります。

VIOの黒ずみを解消する方法

VIOの黒ずみの元はメラニンです。

そのメラニンが増えないように対策してVIOの黒ずみを解消しましょう!

美白化粧品で黒ずみ対策をする

VIOの黒ずみを自分で解消するときに一番オススメの方法です。

皮膚が薄く敏感で粘膜も近いため「VIO(デリケートゾーン)に使える」と書いてあるものを選びましょう。

美白化粧品を選ぶときには

  • 美白成分
  • 医薬部外品
  • 安全性
  • 続けやすさ

この4つに注目して美白化粧品を選びましょう。

美白成分

美白化粧品を選ぶときに注目すべきはポイントは、黒ずみに効く美白成分が入っているかということです。

  • トラネキサム酸・・・メラニンができるしくみに働きかけ、黒ずみが増えるのを予防する効果
  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの生成を抑える効果
  • プラセンタエキス・・・ターンオーバーをスムーズにしてメラニンの排出を促す効果

この3つは、効果が高く黒ずみ対策にオススメの美白成分です。

商品を買うときに配合されているかチェックしましょう。

美白成分の詳しい解説はコチラ

黒ずみに効くオススメの美白成分3選をわかりやすく解説!

医薬部外品

医薬部外品は、簡単に言うと化粧品と医薬品の中間のことです。

医薬部外品は含まれている成分の効果が認められていて、普通の化粧品を使うよりも有効成分(=美白成分)の効果が期待できます

医薬部外品には、おだやかな薬理作用が認められた成分が配合されており、「有効成分」としてその成分名や効果効能を表示することができます。たとえば、「日焼けによるほてりを取る」「ニキビを防ぐ」「美白効果がある(注2)」などとうたってもよいことになっています。

(引用:http://www.live-science.com/honkan/basic/miwake04.html)

VIOの黒ずみを解消したいときには、より効果が期待できる医薬部外品の美白化粧品を選びましょう。

補足ですが、黒ずみ対策化粧品には美白成分と一緒に保湿成分も配合されている商品が多いです。

さらに、保湿だけでなく皮膚の炎症を予防する成分が入っていることもあります。

皮膚が敏感な部位に使うものなので、自分のお肌に合うもので長く続けられる商品を選びましょう。

安全性

VIOはデリケートゾーンとも言いますよね。

粘膜が近く皮膚が薄い部位に使う美白化粧品の安全性は要チェックです。

添加物が入っていない、着色料を使っていないなど、皮膚に刺激を与えるものが少ない美白化粧品を選びましょう。

続けやすさ

使い続けられる価格というのも重要なポイントです。

VIOの黒ずみは美白化粧品を使ってすぐに解消されるものではありません。

期間に個人差はありますが、美白化粧品は数ヶ月使い続けて効果が現れます

効果が出るまで使い続ける=買い続ける商品なので、負担にならない価格の商品を選びましょう。

もし通販で買う場合には、

  • 返金保証が付いているか
  • お得なコースがあるか

というポイントもチェックしましょう。

保湿する

もし上記のような美白化粧品を買うのが面倒というときには、普段使っている化粧水や乳液などを使って保湿しても良いです。

乾燥を防ぎバリア機能を高めることは黒ずみ予防に効果的です。

保湿に効果的な

  • セラミド・・・水分を挟み込み潤いをキープする
  • ヒアルロン酸・・・水分を抱え込んで潤いをキープする
  • コラーゲン・・・水分を抱え込み弾力を与える

この成分が入っている化粧水・乳液などがオススメです。

ただし、粘膜や膣内に入らないよう十分注意して使いましょう

また異変を感じたり合わなかった場合にはすぐやめ洗い流しましょう。

刺激を与えない工夫

VIOの黒ずみの大きな原因は刺激を慢性的に受けていることです。

  • サイズの合っている下着をつける
  • 肌触りの良い下着をつける
  • ピタッとした服装を控える
  • トイレットペーパーで強く拭かない
  • ゴシゴシ洗わない

このように日常の中で少しでも刺激を与えないよう工夫しましょう。

また生理時にはナプキンをこまめに替えたり、汗をかいたときには着替えてあせもや蒸れによるかゆみを予防しましょう。

トイレではウォシュレットで洗い流したあと、トイレットペーパーで水分を優しくふき取るようにしましょう。

ムダ毛処理はプロに任せる

(出典:http://www.datsumousalon-dione.jp/method/vio/)

VIOのムダ毛は、サロンや医療機関で脱毛したほうが自己処理で起こる刺激を避けられます

脱毛を受けることで徐々に毛もなくなり、ムダ毛処理する回数も減っていくのでVIOへの刺激が減るので、黒ずみも増えにくくなります。

またVIOは粘膜が近く、自己処理するには見えにくい部位のため思わぬケガをする場合があります。

黒ずみ予防・ケガ予防のためにもプロに脱毛してもらいましょう。

VIO(デリケートゾーン)専用のせっけんを使う

「VIOに黒ずみを増やす行動」でも少し触れましたが、一般的なボディソープを使うと黒ずみや肌トラブルにつながるおそれがあるため、VIO専用のせっけんで洗うことをおすすめします。

VIOには表皮ブドウ球菌という常在菌がいて、皮膚を弱酸性に保ち免疫力を高める作用があります。

一般的なボディソープは刺激が強く、この表皮ブドウ球菌を洗い流してしまい免疫力低下などにつながります。

弱酸性のVIO専用せっけんを使うと表皮ブドウ球菌を殺菌することなく、清潔に保つことができます。

VIO専用せっけんはすべての商品が弱酸性とは限らないため、表示に注目して選びましょう。

せっけんはしっかり泡立て、力を入れないよう優しく洗い成分が残らないよう丁寧にすすぎましょう。

皮膚トラブルは皮膚科へ

  • VIOにかゆみがある
  • ニキビやあせもができた
  • 自己処理で傷つけてしまった

こういったトラブルがあったときには、皮膚科で診察してもらい適切な治療を受けましょう。

皮膚トラブルを放っておくとその刺激によって黒ずみを増やしてしまいます。

適切な治療を済ませてから黒ずみ対策を始めましょう。

早く解消したいなら医療機関へ

正直、美白化粧品で黒ずみを完璧に無くすとなるとかなりの時間がかかります。

もし満足のいく状態にならなかったり、とにかく早く黒ずみを無くしたいときには医療機関での黒ずみ治療をおすすめします。

治療の種類・特徴・治療費の目安をご紹介します。

塗り薬

治療費:1種類2,000円~

ハイドロキノン・トレチノインという美白効果のある塗り薬を処方されることが多いです。

ハイドロキノンは「皮膚の漂白剤」と言われるほど美白効果が強く、今あるメラニンやメラノサイトそのものを減らす作用があります。

効果が強い分皮膚への刺激もあるため、医師の指示通りに正しい使い方をする必要があります。

トレチノインはターンオーバーをスムーズにする作用があり、メラニンが溜まって黒ずみの目立つVIOの美白に効果的です。

どちらも数ヶ月使って徐々に美白します。

医療レーザー

(出典:http://www.ritz-medical.com/lt/)

治療費:1回10,000円~

メラニンに反応するレーザーを使い黒ずみを薄くします。

シミの一種である肝斑の治療にも使われる、黒ずみ解消効果の高い治療です。

数回通って黒ずみを薄くしていく機器が一般的ですが、1回で治療が完了する機器を取り入れているクリニックもあります。

治療の注意点

医療機関で受けるVIOの黒ずみ治療は、保険適用外であることがほとんどです。

そのため予想外に治療費が高くなることがあります。

また美白化粧品より効果が早いとはいえ、効果が出るまでの期間は黒ずみの濃さによるので1回受けただけでは治らない場合もあります。

VIOの黒ずみ治療を受ける前に、

  • どれくらいの期間かかるか
  • 治療費はいくらか
  • 肌への負担はどれくらいか

この3つのポイントは必ず確認し、しっかり診察を受け納得してから治療を始めましょう!

原因を知って正しい黒ずみケアを始めよう!

VIOの黒ずみを増やす行動に心当たりはありましたか?

これだけはお願いしたい!というポイントは、できるだけ刺激を減らすということです。

ちょっとした摩擦でも、積み重なればどんどんメラニンが増えVIOの黒ずみを悪化させてしまいます。

さらに美白化粧品を取り入れて黒ずみ対策をすればもっと効果的です。

普段はあまりスキンケアをしない部位ですが、これを機に美白や保湿を取り入れて黒ずみ対策を始めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*