シミ・しわ・たるみ撃退!年齢肌に効果的な化粧品で若返ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢とともに増えた肌悩みをどうにかしたい!と思っていませんか?

  • 去年はなかったはずのシミ
  • いつのまにか深く刻まれたしわ
  • あれ?目元たるんでない?

これはすべてお肌の3大老化現象といわれるエイジングサインです。

こういったお肌の老化は、エステなどの特別なケアを受けなくても年齢肌のケアに特化した化粧品を使って予防・改善できます。

このページでは、シミ・しわ・たるみ対策に効果のあるエイジングケア化粧品について詳しく解説しています。

3大老化現象の原因、化粧品を選ぶポイントお肌の老化対策におすすめの化粧品をご紹介しています。

「エイジングケアを始めるには遅いかも」と思っているあなた、そんなことはないので安心してくださいね。

お肌に必要なケアを今すぐ始めれば間に合います。

同年代のあの人よりも綺麗な若々しいお肌を手に入れましょう!

3大老化現象はスキンケアで予防・改善できる!

  • なんだか顔が老けて見える
  • 実年齢より年上に見られることが多くなった

こう感じたときは、

シミ・しわ・たるみ

が目立っている証拠です。

お肌の3大老化現象は、普段から効果のある化粧品を使ってスキンケアをすれば、自宅にいながら対策ができます

年齢肌は「美容皮膚科やエステで高価な施術を受けなきゃ治らない」なんてことはないので安心してくださいね。

効き目のあるスキンケアを取り入れるためにも、まずはお肌が老化する原因をしっかり理解しましょう!

お肌が老化する原因

一番身近で悪影響のある原因は紫外線です。

シミ・しわ・たるみ全ての原因になり、確実にあなたのお肌を老化させます。

加齢によってお肌そのものの機能が衰えることも影響していますが、老化の原因に対して対策をしないと、どんどん老け顔に近付きます

紫外線にはUVA波とUVB波があります。

  • UVA波・・・すでにできているシミを濃くする、真皮を老化させハリのなさを招く
  • UVB波・・・シミの元になるメラニンを作る、ターンオーバーを乱す、乾燥を悪化させる

こういった悪影響があります。

なかでもUVA波は紫外線の9割を占め、ガラスを通り抜けて室内に入ってくるため油断できません

日焼けしている実感がなくても紫外線の影響は確実にあります。

紫外線がシミを増やす・濃くする

シミの元であるメラニンが作られるのは、紫外線の刺激から肌を守るためです。

そもそもは肌にとってなくてはならない防御反応なのですが、美容にとっては厄介ですよね。

できてしまったシミは、ターンオーバーによって垢と一緒に剥がれ落ちます。

しかし、紫外線をたくさん浴びたりターンオーバーが遅れているとメラニンが剥がれ落ちるまでに時間がかかり、

  • なかなかシミが消えない
  • シミが増える、濃くなる

という肌状態を作ります。

(出典:http://www.ex-medical.com/beautycolumn/cause/shimi/141/)

ターンオーバーが遅れるのは紫外線の影響のほか、肌の乾燥・ストレス・生活習慣の乱れなどが関わっています。

  • 子育てや家事で日々忙しい
  • ぐっすり眠る時間がとれない
  • 仕事で朝早く、夜遅くまで働いている
  • スキンケアに時間をかけられない

こういった毎日の積み重ねが、悲しいことにお肌の老化を進めてしまうのです。

紫外線は「しわ・たるみ」ができやすい肌状態を作る

しわとたるみは原因が似ていて、弾力を維持するコラーゲン・エラスチンが少ないことが一番の原因です。

そして、紫外線の真皮を老化させる作用が大きな悪影響を及ぼしています。

(出典:https://www.risou.com/skincare/01.php)

真皮は肌の弾力・ハリ・みずみずしさに関わる重要な部分です。

真皮のうち7割はコラーゲンが占め、表皮に栄養を送ってターンオーバーをサポートしています。

しかし、このコラーゲンは紫外線の真皮を老化させる作用と加齢によって減ってしまうのです。

というのも、コラーゲンなどを作る繊維芽細胞が紫外線に弱く、普段の生活の中で紫外線を浴びているうちにダメージを受けてしまいコラーゲンが作られにくくなる=肌に弾力がなくなるのです。

その結果しわ・たるみができやすい肌状態になります。

◎しわ

表情に合わせて目尻や口元にできる表情じわと、乾燥によってできる乾燥じわがあります。

そのうち乾燥じわは2つに分けられ、表皮性のしわ真皮性のしわがあります。

(出典:http://www.celbest.net/beutycontents/beuty_gaimen/22.html)

  • 表皮性のしわ

細くて浅いちりめんじわ・小じわと呼ばれるタイプのものです。

皮膚表面が乾燥するとできやすく、保湿を徹底すれば改善されます。

  • 真皮性のしわ

無表情でも目立つしわで、表皮を支える真皮が衰えることが原因です。

紫外線や加齢によって真皮にあるコラーゲン・エラスチンが減ってしまい、肌の弾力・ハリが失われることでできます。

表情じわがこれにあたり、若いころは消えやすかったものの歳をとるごとに深く刻まれてしまいます。

◎たるみ

紫外線や加齢とともに真皮のコラーゲン・エラスチンが減り肌に弾力がなくなることが大きな原因です。

若いうちからほうれい線が気になるという方は、乾燥・表情のくせによってほうれい線が目立つと考えられます。

たるみの進行には順番があり、一番深刻な状態がほうれい線です。

  1. 毛穴のたるみ
  2. 涙袋のたるみ
  3. 二重あご
  4. ほうれい線

ほうれい線はしわと思われがちですが、頬の筋肉や皮下組織が衰えることでできるたるみです。

ここまで進行しないよう早く対処しないと、ほうれい線は化粧品で改善するのは難しくなります。

乾燥が老化を早める

紫外線のターンオーバーを乱す・乾燥を悪化させる作用だけでなく、普段のスキンケアで保湿が十分にできていないこともお肌の老化を早める原因になります。

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、

  • シミが消えない
  • シワが増える
  • 水分が保持できず弾力がなくなる

こういった老化が肌に表れやすくなります。

ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルのことで、以下の3つの重要な作用があります。

  • 古い角質を排出する
  • 新しい肌細胞を作り出す
  • 水分を保って皮膚のバリア機能を維持する

(出典:https://www.risou.com/skincare/02.php)

およそ28日で繰り返されるのが理想的な周期で、

  • 早すぎると角質が未熟なままで敏感になる
  • 遅すぎると古い角質が溜まりシミやざらつきにつながる

こういった肌状態になります。

また、加齢によってターンオーバーの周期は長くなり、シミなどの年齢肌が目立ちやすくなります。

(出典:https://www.mebiusseiyaku.co.jp/item/77.html)

◎乾燥がバリア機能を弱くする

肌が乾燥して水分が蒸発すると角質層に隙間ができ、紫外線の刺激に敏感になりシミができやすくなります

さらに乾燥によってシワを作りやすい肌状態を招きます。

(出典:http://noevirgroup.jp/nov/product/nov3.aspx)

皮膚のバリア機能を維持するには、角質層にある以下の3つが重要な働きをしています。

  • 皮脂膜・・・皮脂と汗が混ざったもの。皮膚表面に膜をはって水分の蒸発を防ぐ
  • 天然保湿因子・・・アミノ酸・ヒアルロン酸などからなる。皮膚のハリ・弾力や柔軟性に関わっている。水分をつかむ働きがある。
  • 角質細胞間脂質・・・水分を保持するのに一番大切な役割をもつセラミドが代表的な成分で、角質細胞間脂質のうち8割を占める。角質層の隙間を埋め、異物が皮膚内に入ってくるのを防ぐ。

女性は20代をピークに皮脂が減っていき、アミノ酸・ヒアルロン酸・セラミドも加齢とともに作られにくくなります

年齢とともに保湿に関わる成分が減ってしまう以上、化粧品で外側から補わないとどんどん乾燥が悪化します。

◎乾燥がターンオーバーの遅れを悪化させる

しわの解説で触れましたが、コラーゲンには肌の弾力を保つ作用・表皮に栄養を送ってターンオーバーをサポートする作用があります。

紫外線の影響でコラーゲンが減ってターンオーバーがスムーズでなくなるため、肌の弾力がなくなりしわ・たるみができ、ターンオーバーが遅れて乾燥がひどくなるのです。

さらに、乾燥してバリア機能が弱くなると、これ以上の水分の蒸発を防ぐために古い角質を積み重ねます

(出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1129.do)

これを角質肥厚と言い、メラニン=シミを含む古い角質が肌表面に残っている状態です。

古い角質が剥がれ落ちないことでターンオーバーが邪魔され、水分を含んだ新しい肌細胞が上がってこれなくなり余計に乾燥します

紫外線の影響を完全に無くすことはできないため、ターンオーバーの遅れを予防するには外側からの保湿が重要なスキンケアと言えます。

シミ・しわ・たるみに効く化粧品はこれだ!

年齢肌に効果的なスキンケアをするには、

  • 徹底的な保湿
  • ターンオーバーをサポートする
  • 日焼け止め・日傘等で紫外線から肌を守る

この3つは絶対欠かせません。

紫外線対策はもちろんですが、老化を早める乾燥を防ぐこと、ターンオーバーをサポートして老化を予防・改善する必要があります。

これからご紹介する化粧品は、自信をもっておすすめできるエイジングケアに特化した商品ばかりです!

シミウス

シミ対策に力を入れているシミウスは保湿・美白はもちろん、化粧水・乳液・美容液・マッサージなどひとつで10役を叶えるオールインワンジェルです。

美容家さん、モデルさんも愛用しているシミウスは、長い歴史をもつ医学雑誌に載るほどその効果はお墨付きです。

製薬会社が作った医薬部外品のシミウスは、美白効果のあるプラセンタエキスを配合しています。

ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり入っているので、乾燥でターンオーバーが遅れがちな年齢肌対策にぴったりですね。

さらに抗炎症効果のある成分も配合しているため肌荒れにも対応できる優れもの。

シミウスは程よい弾力のあるジェル状で、マッサージするときにも使いやすい工夫がされています。

公式サイトから購入すると、ずっと20%オフ・送料無料で買えるのでとってもお得ですよ。

通販でよくある「○回目以降じゃないと解約できません」なんていう面倒な条件もないので、今すぐシミ対策を始めたい!!というあなたにおすすめです。

初回限定プレゼントで美容成分をたっぷり含んだプレミアムパックも3枚ついてきます

時期によってはさらにプレゼントが付いてくることもあるので、要チェック&早めの注文を!

<公式サイトでお得にゲット!>

 

リペアジェル

エイジングケアに欠かせないコラーゲンをサポートする成分の入ったオールインワン美容液です

これ一本あるだけで、化粧水・乳液・クリームなどの役割をすべて得られます

実は、老化を予防するターンオーバーに重要なコラーゲンを生成するには

  • アミノ酸・・・コラーゲン生成に必要なたんぱく質の元となる成分
  • ビタミンC・・・たんぱく質(アミノ酸)を元にコラーゲンを作るときに必要な成分

この2つの成分が欠かせません。

そして、リペアジェルにはアミノ酸とビタミンCの効果を同時に得られる成分が配合されています。

  1. 理想的なアミノ酸を作るため、お米を原料にしたコメ発酵生命体®
  2. 超微粒子化されお肌のすみずみまでビタミンCを届けることができる、植物を原料にしたビタミンC生命体®

どちらも、生命体技術を使った革命的なエイジングケア成分です!

化学薬品不使用の生命体技術

植物の生きる力を有効活用するために開発したのが生命体技術です。

これは植物から美容成分を取り出す際も天然を維持する、また化学的な修飾なく成分を安定させることにより、より高い美容効果と肌への優しさを生み出す技術です。多くの手作業により時間や手間が掛かりますが、真のエイジングケアのために不可欠な技術になります。

引用:リソウコーポレーション

リペアジェルはお肌に負担のかかる石油系の保存料を入れていません。

これ、本当は0.1%入れるだけで長期間使えるようになるんですが、肌に優しいものしか入れないという強いこだわりがあり、

防腐剤・香料・着色料など7つのフリーを実現しています。

リペアジェルは100%美容成分というこれまでにないエイジングケア商品です。

なんと40代以上の女性99%からリペアジェルを支持する声が上がっています!

さらに、医学雑誌にリペアジェルのエイジングケア効果が掲載されただけでなく、皮膚科医からも高い支持を得ています。

シミ・しわ・ハリ不足といった年齢肌ケアに特化していて、美容成分がぎゅっとつまった濃厚な質感が特徴です。

そのため「もうちょっと柔らかい質感で使いたいかも」というときに、お好みの使用感に調節できるように初回限定でリペアウォーターがついてきます

公式サイトから注文するとリペアジェルとリペアウォーターのセットで1,980円(送料無料)でお試しできます

「○回購入後に解約可能・定期購入で○%オフ」なんていう面倒な条件はないのでご安心くださいね。

とにかく効果を実感してもらいたいという想いでトライアルキットをご用意しています。

<公式サイトでお得にゲット!>

 

今すぐ自宅でエイジングケアを始めよう!

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます!

加齢とともに出てくる肌悩みは

  • 悪化する前に予防すること
  • できてからは徹底的に対策すること

このポイントを守ってスキンケアすれば若々しいお肌を維持できます。

今回おすすめした商品のような、エイジングケアに特化した化粧品を取り入れるのが手軽です。

それから、紫外線対策も忘れないでくださいね!

ちょっと近所のスーパーに

なんてときにスッピンで行くのはアウトです。

あなたのお肌がじわじわと老化しますよ。。。

これからも自信を持っておすすめできる商品を随時更新していきますね!!

 

参考:あなたと同年代の方は、こんな肌悩みを抱えています。

2017年の春~夏に「自分のお肌にどのような悩みを抱えているか」調査されました。

その結果がコチラ!

◎【30代】1位に「シミ(21.9%)」が最多。2位に「たるみ(15.8%)」と続き、20代と比較し「肌老化の悩み」が顕著となる

◎【40代・50代】40代・50代の悩みの最多は「たるみ(40代36.1%、50代49.2%)」次点に「しわ(40代29.4%、50代32.8%)」が続き、加齢に伴い「肌老化の悩み」が増加傾向となる

(東京イセアクリニック調べ 引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000026711.html)

10代・20代ではニキビや毛穴の悩みが多かったのですが、30代・40代・50代では肌の老化に悩む方が圧倒的に多くなりました

さらに、シミがあるだけで13歳も老けて見えるというデータもあります。

男性に「女性の肌」に対する意識について調査を行ないました。

女性の肌トラブルの中で、最も気になるものについて尋ねると、「シワがある」(20%)に次いで、多かったのは「シミがある」(18%)との回答でした。その理由としては、「シミがあると老けて見えるから。(37歳・会社員)」「シミは場所によっては非常に目立つから。(40歳・メーカー)」「シミは化粧では隠せないと思うから。(48歳・店舗設計)」といった意見があがりました。

また、肌にシミがある女性に対するイメージとしては、「老けて見える」(59%)が圧倒的に多くなりました以下、「暗い印象がある」(21%)「不健康そう」(21%)「野外でのスポーツ経験がありそう」(13%)と続き、いい印象を持っている人はほとんどいないようです。ちなみに、シミがある女性が何歳くらい老けて見えるかを聞くと、平均は「13歳」となりました

(エーザイ調べ 引用:https://www.chocola.com/shimi/column/04/)

13歳も老けて見えるって、本当にショックですよね。

私がエステティシャンをしていた頃も、サロンに来る30代以降のお客様のお肌悩みは「シミ・しわ・たるみ」が多かった印象があります。

お肌の老化は誰にでも起こることです。

だからこそ、早めの対策を始めてほしいんです!

諦めず丁寧にケアすれば必ずお肌はキレイになりますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*