色素沈着を最短で治す方法と今すぐできる7つのセルフケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか消えない色素沈着に悩んでいませんか?

色素沈着があると透明感がなく、老けて見えたりとマイナスなイメージですよね。

このページでは、

  • 色素沈着を自分で治したい
  • ニキビ跡が消えない
  • 皮膚科に行かないとダメ?
  • そもそも何で色素沈着が起こるの?

という悩みや疑問を持つあなたに役立つ情報をまとめ、色素沈着ができる原因から予防・治療まで詳しく解説しています。

全て読めば「ここにできた色素沈着はこういう原因だったのか」と納得できるはずです。

これなら自分でも続けられる!という方法が必ずあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

色素沈着って何?

色素沈着は、皮膚が刺激を受けたときに作られるメラニンが剥がれ落ちずに残ってしまうことで起こります。

これはターンオーバーの乱れが大きく関わっています。

そしてメラニンは摩擦や皮膚炎などを繰り返したり、紫外線を強く浴びることで余計に増えてしまいます。

色素沈着は顔も含め全身に起こります。

そんな色素沈着がどのようなしくみでできるのか、どのような原因で増えてしまうのか解説していきます!

色素沈着ができるまで

色素沈着の元となるのはメラニンです。

皮膚が外部からの刺激を受けメラノサイトが反応しメラニンを作ります。

これは紫外線や摩擦などの刺激から肌細胞や真皮を守るための大切なしくみです。

 

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれ、表皮はさらに4層に分かれています。

メラノサイトは色素細胞・メラニン細胞とも呼ばれ、表皮の一番下の基底層に存在します。

(出典:http://www.kao.com/jp/skincare/structure_02.html)

通常、増えたメラニンは表皮のターンオーバーによって古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

しかし、ターンオーバーが乱れてメラニンが剥がれ落ちるまでに時間がかかったり、慢性的な刺激を繰り返すことで必要以上にメラニンが増え、排出が間に合わず色素沈着を起こします。

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

さらに、まれにですが真皮にメラニンが入って深刻な色素沈着を起こすこともあります。

これはターンオーバーがひどく乱れていたり、免疫に関わるマクロファージという細胞がメラニンを回収・消化できなかったことで起こります。

真皮のターンオーバーは5~6年かかると言われ、真皮で色素沈着が起こるとなくなるまでかなりの時間がかかります。

 

◎ターンオーバーとは

肌が生まれ変わるサイクルのことで「肌の新陳代謝」「角化」とも呼ばれます。

ターンオーバーによって古い角質やメラニンが剥がれ落ちます。

28日周期で繰り返されると皮膚を健やかに保てると言われますが、加齢や生活習慣によって周期は変わります

(出典:https://www.placentaya.com/contents/turnover.html)

以下の原因でターンオーバーの乱れを起こしやすくなります。

  • 紫外線
  • 摩擦などの外部刺激
  • ホルモンバランス
  • 血行不良
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • タバコ
  • お酒

◎マクロファージの役割

白血球のひとつで免疫に関わっています

体に侵入してきたウイルスや不要な細胞、増えすぎたメラニンなどを回収・消化してくれる体内の清掃係です。

色素沈着とシミは違うの?

シミも色素沈着も「メラニンが増える」という点は同じですが、できる原因に違いがあります。

シミは紫外線や加齢が主な原因です。

(出典:http://www.takamiclinic.com/service/pigmented/)

紫外線を浴びメラノサイトが過剰に反応して濃いシミができたり、加齢によってターンオーバーが遅れ肌に残ってしまうことで起こります。

シミは体の防御反応や年齢の変化によっていつのまにか増えます。

一方、色素沈着は傷やニキビなど皮膚の炎症・服との摩擦など、物理的な刺激が主な原因です。

そしてこれらに紫外線の影響がプラスされ、より濃く残ってしまいます。

一時性と慢性の色素沈着

色素沈着は炎症性色素沈着とも呼ばれ、その色素沈着がどのようにできたかによって一時性と慢性に分かれます。

一時性の色素沈着とは、傷ややけどのあとが一時的に皮膚に残ることです。

慢性の色素沈着は、繰り返すニキビやアトピー性皮膚炎、服やタオルなどの摩擦が慢性的に起こることで増えます。

色素沈着の原因

紫外線

紫外線はメラニンを増やす大きな要因で皮膚を老化させます。

今ある色素沈着をより濃くしたり、ターンオーバーを乱して色素沈着が改善されにくい肌状態にします

皮膚に影響がある紫外線はUVA波とUVB波です。

UVA波は紫外線の9割を占め、じわじわと皮膚にダメージを与えます

真皮にまで達して老化させ皮膚のハリや弾力を失わせます。

さらに、すでにできているメラニンを濃くする作用もあります。

ほかの原因でできた色素沈着は、UVA波を浴びることでもっと濃くなるとも言えます。

室内にいてもガラスを通り抜けて入ってくるので油断できません。

UVB波は日焼けやシミを起こす紫外線で、短時間浴びただけでも皮膚にダメージを与えます

日焼けして皮膚が赤くなるのはUVB波の影響です。

たくさん浴びるとターンオーバーの乱れや肌荒れを起こしやすくなります

室内までは入ってきませんが、外に出るときには注意が必要です。

摩擦などの刺激

皮膚をこする、ゴシゴシ洗う、ひっかくなどの刺激を受けると、皮膚を刺激から守るためにメラニンが増えます。

こういった刺激を慢性的に受けると皮膚のバリア機能が弱くなります。

バリア機能とは、角質層の水分の蒸発を防ぎ、乾燥や刺激から守るしくみのことです。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

バリア機能が弱くなることで刺激を受けやすい肌状態になり、メラノサイトが反応し余計にメラニンが作られてしまいます

ニキビ

ニキビができ炎症や化膿を起こすと、その刺激でメラノサイトが反応しメラニンを作ります。

ニキビによる色素沈着は茶色っぽく見えます。

(出典:http://www.mg-clinic.com/nikibiato/index.html)

作られたメラニンがターンオーバーの乱れのせいで剥がれ落ちなかったり、紫外線によってより濃くなってしまうことで茶色いニキビ跡として色素沈着してしまいます。

さらに毎回同じところにニキビができれば、刺激でメラニンが積み重なりニキビ跡はどんどん濃くなっていきます。

また、赤紫っぽいニキビは色素沈着とは違い内出血しているような状態です。

これは自然に治りますが、触ったり引っかいたり刺激を与えるとメラニンが増え色素沈着を起こすこともあります。

やけど・傷

やけどによる色素沈着(=やけど跡)は、どれくらいのダメージを受けたかによって変わります。

  • Ⅰ度熱傷

皮膚表面が赤くなる程度で、冷やすなどの適切な処置をすれば基本的に色素沈着は起こりません。

  • 浅達性II度熱傷

一時的に色素沈着を起こしますが、適切な処置をすれば徐々に治っていきます。

やけどが真皮の浅いところにまで達していて痛みがあり、赤みや水ぶくれができます。

  • 深達性II度熱傷

色素沈着が起こりやすいやけどです。

真皮の深いとこをまでやけどのダメージを受け痛みもあり、赤く腫れたり一部が白っぽく見えます。

  • III度熱傷

このレベルになると色素沈着は避けられません

やけどが皮下組織にまで達して白っぽく見え痛みがなく、壊死したりケロイドのようになります。

 

また、傷の色素沈着(=傷跡)は、

  • 傷の処置が適切でなかった
  • 傷がある部位に紫外線を浴びた
  • ターンオーバーが遅れている

このような原因で残ってしまいます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎を起こしている皮膚は乾燥していてバリア機能がかなり弱く敏感で、アレルゲン・紫外線・摩擦などの刺激をとても受けやすい状態です。

すると皮膚を守るためにメラノサイトが過剰に反応してしまいメラニンが余計に増えます。

(出典:http://www.allergy-dsc.info/c2-3.html)

さらにアトピー性皮膚炎はかゆみや炎症を繰り返すため色素沈着が長引き、皮膚が黒っぽく変化していきます。

虫刺され

蚊などの虫に刺されたときかゆみが出てひっかいてしまうと、その刺激でメラニンが増え色素沈着を起こしやすくなります。

ホルモンバランス

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つあり、このうちプロゲステロンはメラノサイトを刺激する働きがあります。

生理・妊娠・出産など、女性特有のホルモンバランスの変化によってプロゲステロンがメラノサイトを刺激し、メラニンが増えてしまいます。

色素沈着を短期間で治す方法

皮膚科での治療

とにかく早く治したい!と考えている方には、皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

どんな治療法があり、それぞれどのような特徴があるのかご紹介します。

1.塗り薬を使った治療

色素沈着の治療でよく使われるのはハイドロキノンという薬です。

これは「肌の漂白剤」と言われるほど美白作用が強く、メラニンが作られるのを抑えたり、メラノサイトそのものを減らす効果があります。

作用が強いぶん皮膚への刺激もあり、正しく使わないと皮膚の炎症を起こす場合があります。

また劣化しやすいため保存にも気を付ける必要があります。

2.ケミカルピーリング

(出典:http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/peeling.php)

薬剤を使い古い角質を取り除き、ターンオーバーをスムーズにして色素沈着を改善します。

色素沈着のほか、ニキビや毛穴の黒ずみなどにも効果がある治療法です。

ケミカルピーリングに使う薬剤はグリコール酸・乳酸などで、一人ひとりの肌状態に合わせて配合してくれます。

3.レーザー治療

(出典:http://www.s-b-c.net/contents/laser_medlite.html)

メラニンに反応するレーザーを使い色素沈着を治療します。

シミや肝斑の治療にも使われる治療効果の高い方法です。

基本は数回通って薄くしていきますが、1回で治療が終わる機器を取り入れている皮膚科もあります。

皮膚科で受ける治療の注意点

治療法やクリニックにより治療費に差があり、数千円~数万円まで幅があります。

また色素沈着の濃さは個人差があるため治療期間が長くなる場合もあります。

費用・期間に納得して治療を受けられるよう、医師の診察を受けしっかり相談してから治療を始めましょう。

色素沈着を予防・改善する方法

わざわざ皮膚科に行かなくても、自分で正しいスキンケアをすれば色素沈着は十分予防・改善できます

それにはターンオーバーを整えたり、メラニンが増えないよう予防するケアが必要です。

色素沈着は増えたメラニンがターンオーバーで排出されにくいことが大きな原因です。

スキンケア・食事・睡眠の3つに注目し、色素沈着の予防と改善に効果的なポイントをご紹介します!

基本のスキンケアをマスターする

メイク汚れが顔に残っているとニキビなどの肌荒れを起こしたり、間違ったスキンケアで色素沈着やターンオーバーの乱れを引き起こすことがあります。

ポイントをおさえ正しいスキンケアを行いましょう。

ここではクレンジングと洗顔について解説します。

1.クレンジング

目元や口元のメイクをポイントクレンジング(リムーバー)で落とし、そのあと顔全体のメイクを落としましょう。

マスカラや口紅などの落としにくいメイクは、顔全体のメイクと一緒に落とそうとしても綺麗に落とせないので強くこすりがちです。

とくに目元は、皮膚が薄く皮脂も少ないので乾燥しやすく、バリア機能が弱いため少しの刺激でも色素沈着につながります

ポイントクレンジングはコットンにたっぷりつけて使いましょう。

メイクをポイントクレンジング料となじませ、浮かせるようなイメージでこすらないようにふき取りましょう

顔全体のメイクを落とすときには先にTゾーンに先になじませ、顔全体にクレンジング料をつけます。

このときもこすらないようメイクを浮かせるイメージで優しくなじませます。

顔全体のクレンジング料にはクリームタイプがおすすめです。

クリームタイプはメイクが落としやすく、かつ皮脂を取りすぎない使用感で皮膚への刺激も少なめです。

洗い流すときには小鼻など細かいところにクレンジング料が残っていないか注意しましょう。

2.洗顔

洗いすぎは膚を傷つけターンオーバーを乱してしまう原因になります。

皮脂の取りすぎや刺激を予防するため、洗顔は多くても朝・夜の2回です。

しっかり泡立て皮膚をこすらないよう優しく洗いましょう。

また、洗顔料を落としきれていないと皮膚に成分が残り、ニキビなどの肌荒れにつながります

洗顔料が残らないよう、ぬるま湯で20回以上すすぐこともポイントです。

バリア機能を高める保湿

保湿はバリア機能を高め外部刺激に強い皮膚をつくる必須のスキンケアです。

とくに注目してほしい保湿成分はセラミドです。

皮膚のバリア機能のおよそ8割程度を占める角質細胞間脂質のひとつで、水分を挟み皮膚のうるおいをキープします。

皮膚への浸透力が高いヒト型セラミドのセラミド1・2・3が配合された化粧品を取り入れましょう。

(出典:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/special/astalift/jelly-technology/)

また、ヒアルロン酸も保湿に優れた成分で、水分を抱え込む効果があります。

バリア機能をサポートし皮膚のうるおいを保ちます

(出典:http://www.blueflag.co.jp/pc/supplement/category/001010023/list/)

メラニンに働きかける美白

色素沈着の元であるメラニンが増えるのを抑えたり、メラニンの排出を促すような美白スキンケアを取り入れましょう。

美白成分でおすすめなのは以下の3つです。

1.トラネキサム酸

メラノサイトを活性化させるプラスミンを抑え、メラニンができる前から予防する効果があります。

シミの一種である肝斑の改善効果もある美白成分です。

(出典:https://osakado.cc/detail/021848_tranexamic-acid-250.html)

2.プラセンタエキス

メラノサイトが発生させる物質を抑え、メラニンが増えるのを予防する効果があります。

さらにターンオーバーをスムーズにしたり、コラーゲンを増やす効果もあるアンチエイジングに欠かせない成分です。

(出典:https://www.cosme.net/beautist/article/2100865)

3.ビタミンC誘導体

メラニンが作られないよう抑えたり、ターンオーバーをスムーズにする効果があります。

細胞にダメージを与える活性酸素の増えすぎを抑える作用もあります。

(出典:http://flair-shop.jp/feature/simivc.html)

紫外線から肌を守る

一年中降り注ぐ紫外線を防ぐことは、メラニンの増加や今あるメラニンを濃くしないために重要なスキンケアです。

一番簡単な方法は日焼け止めを使った紫外線予防です。

日焼け止めには、UVB波を防ぐSPF・UVA波を防ぐPAという数値が表示されています。

これらは数値が高いほど紫外線予防効果も高いのですが、そのぶん皮膚への負担も大きいためシチュエーションに合わせて使い分けましょう。

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step2/index.html)

詳しい解説はコチラ

黒ずみを予防する紫外線対策と日焼け止めの正しい使い方

摩擦を起こさない工夫

  • 締め付けの強い下着
  • ピタッとした服装
  • 通気性の悪い生地
  • 清潔にしようとゴシゴシ洗う

これらは皮膚への摩擦が強かったり、あせもなどのかゆみを起こしやすいためできるだけ避けるようにしましょう。

ターンオーバーを整える食事

ターンオーバーを整えたり皮膚を丈夫にする栄養素を取り入れ、体の内側から色素沈着を予防しましょう。

1.ビタミンA

ターンオーバーを整え、皮膚や粘膜を修復し健康的に保つ作用があります。

ビタミンAは大きく分けると植物性のβカロテン・動物性のレチノールがあります。

βカロテンはにんじん・ほうれん草・かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれ、体内で吸収されるときにビタミンAに変わります。

レチノールは卵黄・レバー・うなぎなどに多く含まれています。

コラーゲンを増やす作用があり肌のハリやツヤを高めるアンチエイジングにも役立ちます。

ただし、レチノールは体への吸収率が高く、摂りすぎると体調不良を起こすことがあるので量に注意しましょう。

2.ビタミンB群

皮膚や粘膜を健康的に保ち、ターンオーバーや皮脂分泌を整える作用があります。

ビタミンB群は体内に貯まらないので積極的に食事に取り入れましょう。

なかでもビタミンB2・B3・B6は皮膚の健康に大きく関わっています。

納豆・かつお・さんま・マグロなどに多く含まれています。

3.ビタミンC

抗酸化作用が強く美肌に欠かせない栄養素のひとつです。

メラニンの生成を抑えたり、コラーゲンが増えるよう助ける働きがあります。

体内に貯まらずたくさん摂っても排出されてしまうので、食事でこまめに摂る必要があります。

またタバコやストレスなどの影響により体内から減ってしまうこともあります。

ピーマン・モロヘイヤ・いちごなどに多く含まれています。

4.ビタミンE

ターンオーバーを促すほか、抗酸化作用や血流を良くする作用もあります。

若返りのビタミンとも呼ばれ、動脈硬化などの予防にも役立つ栄養素です。

アーモンド・卵黄・アボカドなどに多く含まれています。

5.亜鉛

ターンオーバーを整え、粘膜を健康に保つ作用があります。

年齢とともに体内の亜鉛は減ってしまうので食事から積極的に摂りましょう。

牛肉・ごま・納豆・卵などに多く含まれています。

ターンオーバーを整える睡眠

睡眠でターンオーバーを整えるには、

  • 夜10時~夜2時の間は眠っている
  • 連続して3時間以上熟睡する

この2つの条件を満たして良い睡眠環境を作りましょう。

ターンオーバーは寝ている間に活発に行われます

そしてターンオーバーに欠かせないのが成長ホルモンです。

「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことはありませんか?

これは成長ホルモンが一番分泌されターンオーバーが活発になる時間帯で、夜10時~夜2時頃に寝ているのが良いとされています。

しかし仕事などでゴールデンタイムには寝れない日もありますよね。

ゴールデンタイムに寝ることができなくても、3時間程度連続して熟睡できれば成長ホルモンが多く分泌されるという研究結果もあります。

時間帯だけでなく睡眠の質を高めることも大切です。

より熟睡できる質の良い睡眠をするためには、寝る前の行動に気をつけましょう。

1時間くらい前から部屋を暗くしたりリラックスできる音楽をかけるなど、寝る準備を始めます。

また、寝る前のスマホやカフェイン・アルコールの飲みすぎは交感神経を刺激し、体を緊張させ眠りが浅くなってしまうため避けましょう。

色素沈着を防いで透き通った美肌になろう!

  • ターンオーバーの乱れ
  • 摩擦などの慢性的な刺激
  • 紫外線

この3つが大きな原因となり、色素沈着がなかなか消えない悪循環を起こします。

色素沈着はセルフケアで十分予防できます。

保湿を徹底する・美白を取り入れる・熟睡できる環境を作る・・・

どんなことでも良いので、普段のスキンケアや行動を見直して効果的なセルフケアを始めてみてください!

もちろん皮膚科で治療するのもアリだと思います。

色素沈着が濃くセルフケアでの改善は難しかったり、セルフケアが面倒くさいときには一度診察を受けてみてくださいね。

あなたが続けやすい方法で色素沈着を治せるよう、力になれたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*