おしりの黒ずみ解消に欠かせない5つのスキンケア成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おしりのスキンケアをしているのに黒ずみが良くならないと困っていませんか?

普段は服に隠れていて見えないおしりですが、ふと黒ずみが気になると汚い感じがして早く綺麗にしたいと思いますよね。

スキンケアしていても効果がないのは、普段の生活の中で黒ずみを増やす行動をしていたり、おしりの黒ずみに効果のあるスキンケア成分を使っていないことが原因かもしれません。

このページではおしりの黒ずみを改善するために重要な保湿と美白に注目し、効果のあるスキンケア成分をご紹介します。

おしりに黒ずみができる行動を避け、丁寧なスキンケアをすればおしりの黒ずみは解消されますよ!

ぜひ参考にしてスキンケアに取り入れてくださいね。

おしりに黒ずみができる原因

摩擦や圧迫

皮膚は摩擦や圧迫感があるとその刺激から皮膚を守ろうとしてメラニンを作り出し、黒ずみとして目立つようになります。

おしりの黒ずみは、太ももとおしりの境目やパンツのゴムが当たる部分にできやすいです。

長時間座っていて下着の摩擦と自分の体重がおしりにかかっていることや、サイズが小さかったり締め付けの強い下着を着けていることで黒ずみが増えやすくなります。

乾燥している

乾燥も黒ずみが増える原因のひとつです。

皮膚が乾燥するとバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなったり皮膚の中の水分が蒸発しやすい状態になります。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

すると皮膚の水分の蒸発を防ごうと皮膚を厚くし古い角質が溜まっていきます。これを角質肥厚と言います。

古い角質には増えたメラニンも含まれていて黒ずみもどんどん目立つようになります。

また角質肥厚した皮膚はターンオーバーが乱れ、さらにメラニンの排出も遅れてしまい黒ずみが増えるという悪循環を引き起こします。

にきびやあせもなどの炎症

(出典:http://www.sbc-skincare.com/contents/hip-nikibi.html)

下着による摩擦や汗で蒸れてしまうと、あせもができたりにきびなどの炎症を起こし黒ずみが増えることがあります。

これを炎症性色素沈着と言い、皮膚に炎症が起きた刺激でメラニンが作られ黒ずみとして皮膚に残ります。

あせもができて掻いてしまったり、にきびが気になって触ってしまい余計炎症を悪化させてしまうともっと黒ずみが増えるので気を付けましょう。

おしりに炎症が起きたときには皮膚科に相談しましょう

おしりの黒ずみを予防するには?

デスクワークなどで座ることが多い方は、おしりの圧迫を和らげるクッションを使い黒ずみを予防しましょう。

締め付けず、コットンのように通気性の良い下着を選ぶことで皮膚の炎症も予防できます。

また、黒ずみが気になると取り除こうとしてゴシゴシ洗いがちですが逆効果です。

たっぷりの泡で優しくなでるようにして洗い、すすぎ残しのないよう清潔に保ちましょう

そして黒ずみが目立つおしりには、乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿と黒ずみを改善する美白が効果的です。

お尻の黒ずみを改善する成分

乾燥から皮膚を守る保湿成分

  • セラミド

皮膚の中に水分を挟み込みうるおいを保つ効果と、細胞同士をくっつけ外部刺激からのバリアする効果があります。

(出典:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/special/astalift/jelly-technology/)

セラミドは角質層(角層)に存在する角質細胞間脂質という細胞のひとつで、皮膚のうるおいに欠かせない重要な成分です。

皮膚への浸透力・保湿力が高いヒト型セラミドのセラミド1、2、3を選ぶと効果的です。

  • ヒアルロン酸

皮膚のうるおいや弾力を保つのに大切な成分で、水分を抱え込み保湿する効果があります。

(出典:http://www.ginza-komachi.com/treatment/ha.html)

化粧品に含まれるヒアルロン酸は角質層まで届き、皮膚表面を保湿しバリア機能をサポートする効果があります。

黒ずみを改善する保湿成分

  • プラセンタエキス

メラノサイトがメラニンを作り出すときに発生する物質を抑え、メラニンが作られないよう予防する効果があります。

(出典:https://www.cosme.net/beautist/article/2100865)

さらにターンオーバーをスムーズにする働きもあり、古い角質や増えたメラニンの排出に効果的です。

古くから美容に使われていたプラセンタエキスは、黒ずみはもちろん肌のハリやツヤにも関わる重要な成分です。

  • トラネキサム酸

メラニンが作られるしくみそのものにアプローチし黒ずみが作られないよう予防する効果があります。

(出典:https://osakado.cc/detail/021848_tranexamic-acid-250.html)

皮膚が刺激を受けメラニンを作り出すときに発生するプロスタグランジンという物質と、メラノサイトを活性化させるプラスミンという物質があります。

トラネキサム酸はこの2つをブロックする効果があり黒ずみに有効です

医療分野での利用や、大手化粧品メーカーの美白化粧品にも配合されている要チェックの成分です。

  • ビタミンC誘導体

抗酸化作用によりメラニンの生成を抑える効果があります。

(出典:http://flair-shop.jp/feature/simivc.html)

抗酸化とは体の中の活性酸素を抑える効果のことで、活性酸素が増えすぎることで黒ずみなどの肌トラブルに繋がると考えられています。

またターンオーバーを整える効果もあるので、増えすぎたメラニンと古い角質の排出を助け黒ずみのない皮膚に近づける効果があります。

丁寧なケアで美尻を手に入れよう

今使っているスキンケア商品にこれらの成分は配合されていましたか?

おしりの黒ずみを解消するためにとても重要な成分ばかりなので、ぜひ注目して取り入れてくださいね、

また、これからおしりの黒ずみをケアしていこうと考えている方にも参考にしてもらえたら嬉しいです。

仕事でどうしてもデスクワークが多かったり、暑くなってきて汗をかきやすい時期にはスキンケアだけでなく毎日の行動にも気を配りながら黒ずみを予防しましょう!

すぐ変化が現れるわけではありませんが、地道に続けることで必ず綺麗なおしりになれますよ。

今後もおしりの黒ずみに効果のあるスキンケアをたくさんご紹介していきますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*