おしりの黒ずみは皮膚科で治せる?4つの治療法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おしりの黒ずみを早く治したい!と考えていませんか?

毎日スキンケアしていても綺麗になるまでに時間がかかってしまうため、いつ治るんだろうと焦りや不安を抱えている方も多いと思います。

実は、おしりの黒ずみは皮膚科などの医療機関で治すことができるんです。

このページでは医療機関でおしりの黒ずみを治す方法と、治療を受ける前に知っておいてほしい注意点を解説します。

納得できる方法でおしりの黒ずみを綺麗にしましょう!

おしりが黒ずんでしまう理由

日常的な刺激が多い

おしりの黒ずみは太ももとおしりの境目、下着のゴムが当たる部分、座ったときに体重のかかる部分にできやすいです。

これは下着のゴムとの摩擦や、長時間座ることで自分の体重がおしりに負担をかけていることが主な原因です。

黒ずみをなくそうとゴシゴシ洗ってしまうことも逆効果で、刺激により黒ずみを増やしてしまうのでやめましょう。

乾燥・肌荒れ

皮膚が乾燥しているとバリア機能が低下し刺激を受けやすくなるため、皮膚を守ろうとメラノサイトが反応しメラニンを作り出します。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

さらに角質が厚くなり増えたメラニンや古い角質の排出が滞ってしまい、なおさら黒ずみが目立ってしまいます。

皮膚が厚くなるとターンオーバーが乱れ黒ずみがなかなか治らないという悪循環を起こします

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

またおしりにニキビやあせもなどの肌荒れを起こしたときも注意が必要です。

肌荒れが原因でメラニンが増え炎症性色素沈着という黒ずみになり皮膚に残ってしまいます。

おしりの黒ずみを綺麗にするには?

仕事でデスクワークが多く長時間座っている方は、クッションを置いて座るとおしりへの負担を少なくできます。

下着は自分の体に合うサイズのものを選び、締め付けの少ない服装を心がけしょう。

おしりが肌荒れしたときは放置せず皮膚科を受診して早く治すことも黒ずみ予防につながります。

また普段のスキンケアには保湿と美白を取り入れ、バリア機能を保ったり黒ずみができにくいお肌状態に整えることも大切です。

ただ、上記のような心がけやスキンケアでおしりの黒ずみを綺麗にするには時間がかかってしまいますよね。

もっと早く綺麗にしたい場合には皮膚科などの医療機関で治療することもできます。

医療機関で受けるおしりの黒ずみ治療

塗り薬を使った治療

美白効果のある塗り薬は、ハイドロキノントレチノインを使うクリニックが多いです。

  • ハイドロキノン

メラニンの生成を抑える作用と、すでにできているメラニンを薄くする作用があります。

肌の漂白剤」と言われるほど美白作用が強く海外ではシミの治療によく使われています。

皮膚への刺激が強いため使い方を間違えると白斑(皮膚の一部が白くなる)を起こしてしまうことがあり、医師の診察と説明を受け正しく使うことが大切です。

  • トレチノイン

ピーリング効果が高く、ターンオーバーを促進し古い角質や増えたを取り除きます

美白作用も強く、コラーゲンの生成を促す作用もあり肌トラブルの改善によく使われています。

ケミカルピーリング

AHAなどの酸の力で古い角質を取り除き黒ずみを薄くします

(出典:http://www.tenjinsogoclinic.com/beauty2.html#btylist7)

古い角質を取り除くことでターンオーバーもスムーズになり、お尻の黒ずみの改善に効果的です。

市販されているピーリング商品よりも濃度が高いため効果が出やすく、ひとりひとりの肌質や黒ずみの濃さに合わせて施術してくれます。

イオン導入

イオン導入とは微弱な電流で有効成分を浸透させる方法で、手で塗るだけよりも皮膚への浸透力が高く黒ずみの改善に効果的です。

(出典:http://skincare-nagoya.com/medical/ion.html)

ビタミンCやトラネキサム酸などの美白成分を深部まで浸透させます。

ケミカルピーリングや塗り薬と併用して行うこともあります。

レーザー治療

医療レーザーを黒ずみに反応させ薄くしていきます

(出典:http://biyouhifuka-nagoya.com/menu/laser/lasertoning/)

シミやあざの治療にも使われる方法で、お尻だけでなく全身の黒ずみの治療に有効です。

痛みの少ない治療法ですがまれに赤みが出る場合があります。

おしりの黒ずみ治療で知っておくべき注意点

「治療」とは言いますが黒ずみが綺麗になるまでの費用や期間は人それぞれです。

できるだけ負担が少なく、納得して治療が受けられるよう医師としっかり相談しましょう!

治療費に差がある

治療を受ける医療機関によって治療費は数千円~数万円まで大きく差があります。

保険適用される治療であれば比較的手ごろですが、専門的な機器を使うような治療を受ける場合には保険適用外であることがほとんどです。

また複数の治療法を組み合わせて治療すればさらに高額になります。

効果が出るまでに個人差がある

医療機関での治療とはいえ、肌質や黒ずみの濃さが違うので完全に綺麗になるまでの期間は人によって異なります

例えばレーザー治療なら1回で治療が終わる機器を取り入れているクリニックもあれば、数回通って薄くしていくクリニックもあります。

塗り薬を使った治療なら数ヶ月塗り続け、その間通院することもあります。

無理のない方法でおしりの黒ずみを退治しよう!

(出典:http://weheartit.com/insatiiable)

とにかく早く治したい!という方は一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

セルフスキンケアで満足できないときいのひとつの選択肢として治療を考えるというのもアリだと思います。

医療機関を選ぶときには通いやすさ・相談しやすさ・アフターケアなど、自分への負担が少ないものを選ぶことをおすすめします。

治療法もいくつかありそれぞれ特徴や期間が異なるのでしっかり相談しましょう。

治療したからといって普段のスキンケアを適当にしてしまうと、またおしりに黒ずみが増えてくるかもしれません。

普段からおしりに黒ずみができないよう心がけ、丁寧なスキンケアを続けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*