おしりの黒ずみって私だけ?原因と4つの解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何もしてないのに、おしりが黒ずんでザラザラしてる。」

みんな言わないだけで実は結構悩んでます。

温泉・プール・海などで、ふと他の人の体を見ると黒ずみがないきれいなおしりで、自分と比べて焦ったなんて経験はありませんか?

「おしり汚くない?」なんて言われる前に綺麗にして、堂々と温泉に行ったり水着を着たいですよね。

人には言えない、バレたくない「おしりの黒ずみ」について、できてしまう原因と黒ずみを増やさないスキンケアをご紹介します。

これを読めばきっと綺麗なおしりになれますよ!

おしりに黒ずみができる原因

乾燥

乾燥するとバリア機能が低下し、皮膚を守ろうと黒ずみの原因であるメラニンを作り出します。

熱いお風呂に長くつかったり黒ずみを綺麗にしようとゴシゴシ洗ってしまうのは、肌を守る機能「皮脂膜」を落としすぎてしまい乾燥しやすくなる要因のひとつです。

(出典:https://www.dr-baeltz.co.jp/products/care_1411.html)

下着の締め付け・摩擦

下着のゴムの部分が皮膚とこすれると黒ずみができやすくなります

サイズが合っていなかったり締め付けの強い下着を履いていると、摩擦から皮膚を守るためメラニンを作り出し黒ずみとして残っていきます。

例えばデスクワークなど長時間座っている方は、下着の摩擦と自分の体重とでおしりへの負担が大きくなり黒ずみができやすいです。

スキニーパンツのようなピタッとした服も摩擦を増やす原因となります。

にきび・かぶれなどの炎症

汗をかいて蒸れて湿疹がでたりにきびができていたり、おしりの皮膚に炎症が起こると黒ずみが増えてしまいます。

これは炎症性色素沈着といい、炎症によってメラニンが作られたあと肌に残ってしまうことで起こります。

かゆいからと掻きむしったりするとなおさらメラニンが作られ黒ずみが増えるのでやめましょう。

 

おしりの皮膚も顔などと同じように、ターンオーバーが正常であれば黒ずみは古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

しかし、おしりは下着などの摩擦が常にあり乾燥しやすく、それらから皮膚を守るために角質層が厚くなり黒ずみが肌に溜まりやすい状態になりがちです。

おしりの黒ずみは乾燥・摩擦・炎症が重なることで増えてしまうのですね。

おしりの黒ずみを予防するには?

これからご紹介するスキンケアはどれも簡単ですぐに始められます。

黒ずみのない綺麗なおしりを目指して一緒に頑張りましょう!

保湿する

保湿するために使うものは普段使っている化粧水やボディクリームで十分です。

おしりの皮膚は顔に比べて角質層が厚く、ただ塗って保湿するだけではなかなか浸透していきません。

お風呂上りで皮膚が柔らかくなっているときに保湿をすることで浸透しやすくなります。

美白化粧品を使う

黒ずみ対策として市販されている美白化粧品もおすすめです。

美白化粧品を使うと黒ずみの原因であるメラニンが作られるのを抑える効果が期待できます。

さらに保湿も同時にできる商品が多いのも嬉しいですね。

摩擦や刺激を避ける

下着は毎日つけるものなので選び方にはこだわりたいです。

シルクや綿でできた下着は吸水性が良く、汗でべたついて湿疹が出ることも避けられます。

ボクサーパンツのようなおしり全体を包み込むタイプの下着もゴムが擦れることが少ないです。

サイズが小さかったり締め付けのきついものは避けましょう

清潔に保つ

ボディソープは低刺激のものを選びしっかり泡立てて優しく洗い、すすぎ残しのないよう丁寧に流しましょう。

汗で蒸れているときにはこまめに下着を替えたり、通気性のよい服を選ぶこともポイントです。

おしりににきびができてしまった場合は放置せずに皮膚科で薬をもらい、悪化する前に治すことで黒ずみを防げます。

ケアを続けることが美尻への近道!

普段何気なくしている行動がおしりの黒ずみの原因になっているんですね。

私もとくにおしりの保湿はしていないしお風呂は熱めが好きだし、振り返るとお尻の黒ずみが増えるようなことをしていたみたいです・・・今日からケアします!

ケアをし始めた日から写真を撮っておくといいかもしれません。

毎日見ていると変化には気づきにくいですが、1週間ごとなど日数をあけて見ていくと綺麗になった実感がわきやすいですね。

黒ずみのない美尻は手に入ります。

諦めずコツコツ続けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*