黒ずみを予防する紫外線対策と日焼け止めの正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にか皮膚に黒ずみが増えていて困っていませんか?

それは紫外線対策ができていないことが原因かもしれません。

紫外線は体にとっていい役割もありますが、たくさん浴びてしまうと黒ずみなどの肌トラブルを起こすため注意が必要です。

今回は紫外線と黒ずみの関係について詳しく解説し、黒ずみができるしくみや皮膚への影響についてご紹介します!

さらに、黒ずみを増やさないための日焼け止めの使い方やスキンケアもご紹介するので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

紫外線の影響って?

紫外線は皮膚の老化を早める大きな原因のひとつです

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • ハリ・弾力の低下
  • 乾燥
  • 皮膚の黒ずみ

こういった悪影響があります。

一方、紫外線は適度に浴びるとビタミンDを作り、がん予防骨粗しょう症予防に役立つと言われています。

ほかにもうつ病の予防・改善、殺菌効果、体内時計を整えるなど体にとっていい影響もあります。

しかし美肌にとっては大敵ですね。

紫外線と黒ずみ

黒ずみが作られるしくみ

皮膚の黒ずみ(メラニン)が作られる原因のひとつは紫外線を受けることです

紫外線を浴びるとメラノサイトが反応し、皮膚を守るためにメラニンを作り出します。

(出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/skincare/tranexamic/)

紫外線で黒ずみができるしくみは、紫外線でシミができるしくみと同じです。

作られたメラニンは表皮の9割を占める肌細胞(ケラチノサイト)に取り込まれ、角質層まで上がっていき排出されます。

排出される働きをターンオーバーといい、通常28日周期で行われます。

皮膚に悪影響がある紫外線

地上まで届き皮膚に影響がある紫外線はUVA波とUVB波です。

UVC波もありますが、地上には届かないため省略します。

UVA波の影響

紫外線の9割はUVA波と言われ、真皮にまで達し老化を促進させます

皮膚の土台となる真皮のコラーゲンやエラスチンなどを老化させ、ハリや弾力を失わせ深いシワを作る原因にもなります。

急激なダメージはないもののじわじわと皮膚に影響を及ぼし、すでにできているメラニンをさらに濃くする作用もあります。

こういった皮膚への影響は光加齢(光老化)と呼ばれます。

UVA波はガラスを通り抜け室内まで入ってくるためとても厄介な紫外線です。

UVB波の影響

UVA波よりも皮膚に影響が表れるのが速く、短時間浴びただけでも皮膚が黒くなりいわゆる日焼けした状態になります。

黒ずみやシミのほか、皮膚に赤みや炎症を起こす日焼け(サンバーン)はUVB波が原因です。

ターンオーバーのリズムを乱して肌荒れを起こしやすくします

ガラスを通り抜けることはありませんが屋外にいるときには注意が必要です。

一年中紫外線を浴びている!

夏は日差しが強いから日焼け止めを塗っているけど、冬は日焼けしないから大丈夫。

なんて思っていませんか?

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step1/index.html)

季節によって紫外線の量に差はありますが、紫外線は一年を通して降り注いでいます

何も対策をせず過ごしていると、実感はなくても黒ずみが増えてしまう可能性があります。

いつの間にか紫外線を浴びてしまい「黒ずみが増えている!」なんてことにならないために大切なのが紫外線対策です。

黒ずみを予防する紫外線対策

皮膚に黒ずみを作らないためには紫外線から皮膚を守ることが大切です。

紫外線対策にもさまざまな種類がありますが、基本中の基本である日焼け止めが大切です。

日焼け止めの効果

SPFとは?

UVB波を防ぐ効果を表し、数字が大きいほど効果が高いです。

SPF値で赤みや黒ずみなどの皮膚ダメージをどれくらい遅らせられるかわかります。

一番効果の高いものは50+と表示されています。

SPF1は20分程度の予防効果があり、例えばSPF15の日焼け止めを塗ると

20分×SPF15=300分(5時間)のUVB波予防効果があります。

PAとは?

黒ずみだけでなくシワなどの原因になるUVA波を防ぐ効果を表します。

+が多いほど効果が高いです。

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step2/index.html)

日焼け止めの正しい使い方

どんなにSPF値やPA値が大きくても、正しく使えていなければ日焼けしやすい状態になってしまいます

人によって日焼けのしやすさは変わるため数値はあくまで目安です。

日焼け止めは説明書に書いてある量を使い、ムラや塗り残しがないよう重ね塗りしましょう。

顔も体も、2~3時間に1回程度塗りなおすとより紫外線対策ができます。

化粧をする前に塗るときは基礎化粧品のあとに日焼け止めを塗ります。

日焼け止めのあとファンデーションを塗ると紫外線防止効果が高まると言われています。

また化粧をした顔に日焼け止めを塗りなおすときは、ティッシュなどで余分な皮脂を取り日焼け止めを手に伸ばして顔全体を押さえるようにして塗りなおします。

擦ってしまうと化粧がよれてしまうので気を付けましょう。

このあと日焼け止めがべたついていないか確認し、ファンデーションを付けたりポイントメイクを直しましょう。

日焼け止めの使い分け

数値が大きいほど効果は高いものの、その分皮膚への負担も多くなります。

ちょっとした買い物程度なら効果が優しめなものを選ぶと皮膚への負担が少なく済みます。

使う時間やシチュエーションに合わせて使い分けるのがおすすめです。

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step2/index.html)

また、日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が含まれています。

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step2/index.html)

皮膚が敏感な方は、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを使うと、まれに皮膚刺激や炎症を起こすことがあります。

もし不安な場合は紫外線吸収剤が含まれていないものや「ノンケミカル」などと表示されている日焼け止めがおすすめです。

黒ずみを予防するスキンケア

保湿を欠かさない

紫外線を浴びた皮膚は乾燥しやすくなります

皮膚が乾燥するとターンオーバーが乱れ黒ずみが蓄積しやすくなったり、バリア機能が低下して肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

保湿を徹底し皮膚から水分が失われないよう保護しましょう。

美白成分を取り入れる

基礎化粧品やボディクリームなどは美白効果のあるものを選び、メラニンができる前の予防や、できてしまったメラニンの排出を促しましょう

とくに効果があると注目されている美白成分は以下の3つです。

  • トラネキサム酸・・・メラニンができるしくみそのものに働きかけ黒ずみを防ぐ。
  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの生成を抑える、ターンオーバーを整える。
  • プラセンタエキス・・・メラニンの排出を促す。

日焼け止め+日焼け予防グッズ

日焼け止めによる紫外線対策はもちろんのこと、

  • 日傘
  • つばの広い帽子
  • アームカバー
  • サングラス

このような日焼け予防グッズを併用することもポイントです。

黒ずみ予防に紫外線対策は必須!

今回は紫外線と黒ずみの関係や、とくに重要な紫外線対策である日焼け止めに注目しました。

なんとなく使っている日焼け止めも、正しい使い方をすればもっと黒ずみ予防に効果があります。

これからの季節はとくに紫外線が強いため日焼け止めやグッズによる紫外線予防は必須ですね。

さらにスキンケアも徹底して黒ずみを増やさないよう過ごすと効果的です。

レジャーを楽しむときだけでなく、毎日の通勤などでうっかり紫外線を浴びてしまい黒ずみを増やさないよう紫外線対策を行いましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*