黒ずみができにくい脱毛方法と3つのスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常的なムダ毛処理が皮膚の黒ずみを増やしていると知っていますか?

黒ずみができやすいムダ毛処理をしていたり、正しいスキンケアを続けていないことでどんどん黒ずみが目立ってしまいます。

この記事では、私の体験談も加えながら、今以上に黒ずみを増やさないために知ってほしいムダ毛処理方法を詳しく解説しています。

さらに黒ずみを増やさないための3つのスキンケアもご紹介するので、今日から始めてみてください!

黒ずみができるしくみ

メラニンが増える行動が原因

皮膚に黒ずみが増えてしまうのは紫外線や摩擦などの外部刺激のほか、乾燥によって皮膚のバリア機能が低下して刺激を受けやすくなることなどが原因です。

皮膚を刺激から守ろうとするしくみによってメラノサイトが反応し、メラニンを作り出しています。

なかでもムダ毛処理による黒ずみは厄介です。

ムダ毛を放置するわけにもいかないので繰り返し行うことで皮膚がダメージを受け、黒ずみがどんどん増えてしまいます。

黒ずみができやすいムダ毛処理

カミソリ

剃った直後はスベスベしていてもだんだん伸びてきて、剃って、伸びて・・・を繰り返すことで慢性的に皮膚が刺激を受けます

さらにカミソリは皮膚表面の必要な角質を削ってしまい、バリア機能の低下につながります

すると皮膚がもっと刺激を受けやすくなり黒ずみが増えるという悪循環を起こします。

実際、私もずっとカミソリで脇のムダ毛処理をしていたので、乾燥してガサガサになった経験があります。

毛抜き

皮膚だけでなく毛穴まで痛めてしまいます

ピンセット等で毛を抜くと生えてくるまでの時間は長くなりますがかなりダメージが強いので避けましょう。

毛穴が傷つき雑菌が入ると赤いニキビのような毛嚢炎ができたり、埋没毛(埋もれ毛)になることがあります。

(出典:https://www.chuoh-clinic.co.jp/care/datsumou_trouble/)

このような皮膚のダメージや炎症が繰り返されると、炎症性色素沈着という黒ずみにつながります。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かす強い薬剤が使われています。

主な成分はアルカリ性の薬剤でタンパク質を分解する作用があります。

毛も皮膚もタンパク質でできているため、除毛クリームを塗ると毛だけでなく皮膚まで溶かしてしまうのです。

皮膚への刺激が強くかぶれやひりつきが出たり、炎症性色素沈着を起こしやすくなるので避けましょう。

ワックス脱毛・除毛テープ

ワックス脱毛も除毛テープも、毛と一緒に皮膚にも貼りつくので痛みが強く肌荒れを起こしやすいです。

メカニズムは毛抜きと同じなので毛嚢炎や埋没毛などのトラブルにつながります

皮膚表面の必要な角質も取り除いてしまいバリア機能も低下してしまいます。

どうしても自己処理したいときは?

皮膚へダメージの少ない電気シェーバーを使い毛を短くしましょう。

刃が直接皮膚に触れにくいので、皮膚を傷つけてしまったり必要な角質を取り除いてしまうことも予防できます。

黒ずみができにくいムダ毛処理

サロンで脱毛を受ける

エステサロンや脱毛専門サロンで行うのは光脱毛という方法です。

(出典:http://musee-pla.com/about/method/)

光脱毛は大きく分けて2種類あります。

  • IPL脱毛・・・毛に含まれるメラニン色素に反応し、毛にダメージを与えて脱毛する。
  • S.S.C脱毛・・・毛の成長を抑えるジェルとライトの相乗効果で脱毛する。

どちらも痛みが比較的少ない脱毛方法です。

IPL脱毛でも機器によってはジェルを使う場合があります。

月額○○○円で脱毛し放題など手ごろな価格で始められるサロンが多いです。

サロンで使う脱毛器は医療機器ではないため、脱毛効果が優しめでなくなるまで時間がかかります

医療脱毛を受ける

皮膚科・美容皮膚科・美容外科などの医療機関で扱っているのは医療レーザーです。

脱毛効果が高く、毛根にダメージを与え毛を生えにくくします

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

医師や看護師が施術してくれるので、施術中の思わぬ皮膚トラブルにも対応してもらえます

部位や濃さによっては痛みが強い場合があります。

毛がなくなるまでの期間はサロンより短いので、早く確実にムダ毛を無くしたい方にオススメです。

プロに任せるメリット・デメリット

カミソリや毛抜きなどの自己処理に比べ、皮膚への刺激が少なめで綺麗にムダ毛を無くせるメリットがあります。

ムダ毛がなくなるにつれて皮膚へのダメージが減り、黒ずみも改善されていきます。

サロンや医療機関で受ける脱毛は

  • 毛周期に合わせるため2~3ヶ月間隔をあける
  • 時期によっては予約が取りにくい

こういったデメリットもあります。

毛周期とは、2か月前後で繰り返される毛が生え変わるサイクルのことです。

(出典:https://www.shinagawa.com/laser/body/)

成長初期~成長期が脱毛に向いています。

見た目でこの時期を判断するのは難しいため、サロンでも医療機関でも数回通って毛を減らしていきます

私の個人的な意見としては、黒ずみのない綺麗な肌になりたいなら断然プロに任せるのがオススメです。

脇のムダ毛は何年か前から脱毛サロンで処理しています。

ほとんど生えなくなって自己処理が減ったので黒ずみも気にならなくなりました。

VIOは医療脱毛を受けていて、始めたばかりですが産毛くらいの細さになってきた感じがします。

場所が場所なので結構痛いです。

今のところ肌トラブルはないので、自己処理より綺麗になるならと通い続けようと思っています。

脱毛の黒ずみを予防するスキンケア

プロによる脱毛を受けたあとでも、普段のスキンケアができていないと黒ずみが増えてしまいます

毎日スキンケアを取り入れ黒ずみを予防しましょう!

保湿と美白が重要!

皮膚表面の角質層がうるおいを保つことで乾燥・外部刺激・ウイルスの侵入を防いでいます。

これをバリア機能と言い、正常に保たれることで刺激を受けにくくなり黒ずみの予防につながります

バリア機能を維持するには化粧品を使い外側からうるおいを補うのが効果的です。

皮膚のうるおいを保つのに効果的な成分はセラミドとヒアルロン酸です。

さらに、メラニンが増えるのを抑える効果のある成分を取り入れ黒ずみを予防・改善しましょう。

美白効果の高い成分で注目したいのは、トラネキサム酸・プラセンタエキス・ビタミンC誘導体です。

最近は保湿成分と美白成分が両方配合されている黒ずみ改善クリームが市販されていて、ひとつあるととても便利です。

紫外線対策

(出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/skincare/tranexamic/)

メラニンを増やす作用のある紫外線は、外出しているときだけでなく室内にいても浴びています

紫外線を強く浴びると黒ずみだけでなくシミなどの肌トラブルが起こり老化を促進させてしまいます。

とくに脱毛したあとは皮膚が敏感になりやすくダメージを受けやすい状態です。

普段から日焼け止めを使い紫外線による黒ずみを予防しましょう!

 

紫外線の詳しい解説はコチラ

黒ずみを増やさない紫外線対策と日焼け止めの正しい使い方

摩擦に気をつける

黒ずみの元であるメラニンは摩擦によっても増えます。

例えば脇なら服との擦れ、肘なら頬杖をついたとき、ひざなら足を組んだり膝立ちしたとき。

VIOは生理中のナプキンや下着のサイズが合わないことでも黒ずみにつながります。

体をゴシゴシ強く洗うのも摩擦が増え黒ずみにつながります。

無意識のうちに黒ずみは増えてしまうので、摩擦を避けるよう意識しましょう。

皮膚トラブルは皮膚科に相談

皮膚のかゆみや毛嚢炎、お尻にニキビが出来たときは放っておくと黒ずみとして残ってしまうことがあります。

黒ずみを作らないためには皮膚科で診てもらい薬などで早めに治しましょう

もし医療脱毛を受けたあとに皮膚トラブルが起きたときには、まずは脱毛を受けた医療機関に相談して適切に処置してもらうと良いです。

正しい脱毛で黒ずみを予防しよう!

いつものムダ毛処理が黒ずみにつながる方法だったら、サロンや医療機関での脱毛を考えてみてはどうでしょうか。

ムダ毛処理の方法を変えるだけで黒ずみが目立たなくなるのは、私自身体感しています。

VIOは始めたばかりなので、今後黒ずみがどう変化していくかもレビューしていきますね。

また基本のスキンケアは黒ずみ予防に欠かせません。

忘れがちなのでコツコツ続けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*