【小鼻の黒ずみ解消】悪循環を断つ基本&即効性のあるケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずーっと治らない「小鼻の黒ずみ」に悩んでいませんか?

  • あれもこれも試したのに治らない!
  • パックして無くなったのにまた増えてる
  • いくら洗顔しても黒ずみが消えない

こんな経験のあるあなたは、小鼻に黒ずみができる悪循環を起こしています!

小鼻の黒ずみは、正しく丁寧なスキンケアをすれば解消できます。

このページでは、小鼻の黒ずみの原因・治らない理由・正しいスキンケアについて解説しています。

即効性のあるスキンケアもご紹介しているので、今すぐどうにかしたいという方もぜひ参考にしてくださいね。

悪循環を断ち切り、黒ずみのない綺麗な鼻を手に入れましょう!

どうして小鼻の黒ずみは治りにくいの?

いろんなスキンケアを試しているのに小鼻の黒ずみがなかなか治らないのは、間違ったスキンケアを続けているからです。

正しい知識で正しいケアをして、小鼻の黒ずみを綺麗にしましょう!

肌を傷つけるスキンケアが小鼻の黒ずみを悪化させる!

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

小鼻の黒ずみがいつまでも治らないのは、

  • 無理矢理押し出す
  • クレンジングオイルで溶かす
  • 毛穴パック・洗顔のしすぎ

こういった肌を傷つける違ったスキンケアが原因です。

◎小鼻の黒ずみの正体は角栓

小鼻や鼻全体の黒ずみは角栓が詰まっている状態です。

角栓ははじめは白く、空気に触れて酸化しだんだん黒くなります。

(出典:http://www.seishin-hifuka.com/contents/pores.aspx)

角栓は皮脂と古い角質が混ざってできたもので、およそ3割が皮脂・7割が古い角質です。

角栓が目立つ鼻を「詰まり毛穴」「いちご鼻」とも呼びます。

黒ずみを押し出すと毛穴も肌もデコボコに

小鼻の黒ずみを爪やピンセットでグイグイ押して出そうとした経験は、黒ずみに悩む方なら一度はしたことがあるはずです。

これは絶対にやってはいけません

無理矢理角栓を押し出すことで毛穴を傷めるだけでなく、肌そのものにダメージが加わりへこんでしまったり、鼻にシミができたり毛穴が広がる原因になります。

ちなみに、中学生のころ黒ずみを気にしてピンセットで無理矢理押し出していた私は、小鼻に2ミリ近いクレーターができています。

クレンジングオイルは角栓を溶かせません

角栓のうち約7割を占める古い角質は、たんぱく質でできているのでオイルには溶けません

クレンジングオイルの役割は、リキッドファンデーションなど油分の多いメイクアップ料を落とすことです。

基本的には毛穴の黒ずみ=角栓を取ることが目的ではないということですね。

また、普段から洗浄力の強いクレンジングオイルを使っていると、必要以上に皮脂を落としてしまい乾燥につながります

毛穴パックは黒ずみに有効。でも使いすぎに注意!

綺麗になるのがクセになってしょっちゅう使ったり、無理矢理はがすなど間違った使い方をすると毛穴も皮膚も傷めてしまいます

小鼻や鼻全体の黒ずみを一気に取りたいときに便利なアイテムですが、毛穴パックのしすぎは必要な皮脂や角質まで取ってしまい乾燥しやすくなります。

同じく、洗顔のしすぎも皮脂を取り過ぎ乾燥につながります。

間違ったケアを続けていると・・・

上記のようなケアは一時的に黒ずみがなくなっただけで、根本から解決したわけではありません。

間違ったケアを続けていると、小鼻周辺の皮膚がダメージを受け乾燥し、黒ずみが治らない悪循環につながります。

これは皮膚のバリア機能の低下が大きく関わっています。

(出典:http://noevirgroup.jp/nov/product/nov3.aspx)

バリア機能とは、角質層の水分を保ち外部刺激から肌細胞を守るしくみのことです。

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子
  • 角質細胞間脂質

この3つがバリア機能を維持しています。

(出典:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100022/102200003/?P=2)

間違ったスキンケアで必要な皮脂まで取り除かれると、皮脂膜を作ることができず、角質層の水分が蒸発しやすくなります

そして水分の蒸発によって乾燥し、毛穴まわりの皮膚がしぼんで毛穴が開きます

(出典:http://www.ansage.jp/season_column/vol_12.html)

さらに、これ以上の乾燥を防ぐため、過剰に皮脂を分泌してしまいもっと毛穴が広がります

黒ずみがあるとたくさん洗顔するなどして皮脂を取ろうとしがちですが、それは逆効果で、余計に皮脂の分泌を多くしてしまうだけです。

(出典:http://www.purenoble.com/column/keana/genin.htm)

皮膚は、乾燥による皮脂分泌だけでなく、古い角質を厚く積み重ねて水分の蒸発を防ごうとします。

これを角質肥厚と言い、乾燥によるターンオーバーの乱れや、皮膚への直接的な刺激(黒ずみを押し出す、ゴシゴシ洗う、毛穴パックのしすぎなど)で起こります。

角質肥厚が起こった皮膚は、古い角質がなかなか剥がれ落ちず、皮膚表面に残ってしまいます。

そして角質肥厚した古い角質が、過剰に分泌された皮脂と混ざり角栓=黒ずみを作るのです。

つまり、小鼻に黒ずみができるのは、

  1. 間違ったスキンケアで黒ずみができ
  2. 良かれと思って間違ったスキンケアをしてしまい
  3. さらに黒ずみが悪化する

この間違ったスキンケアの繰り返しが原因ということです!

なかなか治らない小鼻の黒ずみを解消するには、間違ったスキンケアをやめることが最優先です。

基本を守りつつ、即効性のあるスキンケアも取り入れて黒ずみを解消しましょう!

黒ずみの悪循環を断ち切る基本のスキンケア

クレンジングはメイクの濃さで使い分ける

  • 濃いメイクのときはオイルタイプ
  • 薄いメイクのときはクリーム・ミルクタイプ

このようにメイクの濃さに合わせて使い分けるのが肌に負担の少ないクレンジング方法です。

クリームタイプはオイルより洗浄力が優しく、皮脂を取り過ぎないので乾燥しにくいクレンジング料です。

ミルクタイプはクレンジング料の中でも特に洗浄力が優しく、肌に負担をかけにくい特徴があります。

マスカラ・口紅など落としにくいメイクはポイントクレンジング(リムーバー)で先に落としましょう

目元のメイクも顔全体のメイクも一気に落とそうとすると、どうしても力が入り肌を擦ってしまい、色素沈着につながります。

※「色素沈着」肌への摩擦が刺激になり、メラニンが増え肌が黒ずんでしまうこと。

洗顔はたっぷりの泡で優しく・すばやく

小鼻に黒ずみがあるとゴシゴシ洗いがちですが、しっかり泡立てて優しくすべらせるだけで余分な皮脂や角質は洗い流せます

時間をかければかけるほど皮脂が取り除かれ乾燥が悪化します。

きめ細かく泡立てた洗顔料を使い、1分程度で済ませ、すすぎ残しのないようぬるま湯で洗い流しましょう。

黒ずみがあると皮脂が多く出てべたつきがちですが、洗顔は多くても朝晩の2回にしましょう。

◎ぬるま湯が良い理由

熱いお湯を使うと必要な皮脂も洗い流してしまいます。

体温より少し低めのぬるま湯が理想的です。

(出典:http://www.purenoble.com/column/tips/innerdry.htm)

保湿は絶対怠らない!

乾燥は余分な皮脂分泌や角質肥厚につながり、角栓ができやすい肌状態を作ります。

肌にうるおいを与える成分を保湿に取り入れましょう。

保湿効果の高いスキンケア成分

  • ヒアルロン酸

バリア機能を維持する保湿成分のひとつです。

水分を抱え込む作用が強いのが特徴で、たった1グラムで6リットルもの水分を抱え込むことができます。

  • セラミド

バリア機能に関わり、角質層の水分を保つのに重要な成で8割を占めています

セラミドは水分を挟み込んで保湿する作用・肌細胞同士をくっつけ隙間を埋める作用があります。

即効性アリ!今すぐ黒ずみを解消するスペシャルケア

基本のスキンケアを日々行いながら、適度な頻度でスペシャルケアを取り入れ黒ずみ解消をサポートしましょう。

これから解説するスキンケアは「明日のデートに間に合わせたい!」など、早く効果を感じたい方にもおすすめです。

酵素洗顔

たんぱく質を分解する作用のある酵素洗顔料で、小鼻の黒ずみ=角栓を解消します。

小鼻の黒ずみだけでなく、顔全体のくすみやごわつきの解消にも効果的な洗顔料です。

酵素洗顔の正しい使い方・注意点

  1. 1回分を手に取り水と混ぜ、しっかり泡立てる
  2. 皮脂分泌の多い鼻や額(Tゾーン)に先に乗せたあと、顔全体を優しく洗う
  3. 体温より低めのぬるま湯を使い、成分が残らないようしっかり洗い流す
  4. 洗顔後は保湿を徹底する

たんぱく質を分解する作用があるため、使いすぎると必要な角質までとってしまい肌が敏感になります。

説明書通りの頻度、もしくはそれより少なめの頻度で行いましょう。

また、酵素洗顔は乾燥肌・敏感肌の方は控えたほうが良いです。

この肌タイプはバリア機能が弱い傾向のため、酵素洗顔料の作用によって肌トラブルにつながる可能性があります。

乾燥肌・敏感肌ではない方も、皮膚の薄い目元は避けて使用しましょう。

毛穴パック

正しい頻度・正しい使い方をすれば、最も即効性のあるスペシャルケアです。

使用後は毛穴が開き、肌が乾燥しやすいので必ず保湿しましょう。

貼る毛穴パックの正しい使い方・注意点

  1. 鼻全体をしっかり濡らし貼る
  2. 説明書にしたがって数分置く
  3. ゆっくり少しずつ剥がす
  4. パックの成分が皮膚に残らないよう洗い流す
  5. 毛穴パック後は保湿を徹底する

即効性はあるものの、使いすぎは皮脂や角質を取り過ぎてしまいます

多くても月一回にしましょう。

小鼻とパックの間に隙間ができやすいため、空気が入らないように指先で押さえるようにして貼るのがポイントです。

一気にはがすと皮膚を傷めるのでゆっくりはがしましょう

乾きすぎてはがしにくいときは、水で濡らすとはがれやすくなります。

塗る毛穴パックの正しい使い方・注意点

  1. 適量を取り鼻にまんべんなく塗る
  2. 説明書にしたがって数分置く
  3. 成分が残らないよう洗い流す
  4. 毛穴パック後は保湿を徹底する

貼るタイプよりも皮脂を取る力が強いという特徴があります。

塗る毛穴パックも多くても月一回の使用をおすすめします。

乾燥しやすく皮膚が薄い目元には塗らないよう気を付けましょう。

 

▽噂の黒ずみ解消法はおすすめできません

小鼻の黒ずみ解消ケアで「ニベア、オロナインを使ったケア」がありますよね。

これらは商品の本来の目的とは違う使い方をしているため、小鼻の黒ずみに本当に効果があるとは言えません。

ニベア

健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリームです。

顔にも身体にも、全身のスキンケアに家族みんなで使えます。

肌にうるおいを与えるスクワラン、ホホバオイル配合。

(引用:http://www.kao.com/jp/nivea/nva_cream_01.html)

オロナイン

効能・効果

オロナインH軟膏をお使いいただける効果・効能のすべてです。

にきび/吹出物/はたけ/やけど(かるいもの)/ひび/しもやけ/あかぎれ/きず/水虫(じゅくじゅくしていないもの)/たむし/いんきん/しらくも

(引用:http://www.otsuka.co.jp/ohn/、https://www.otsuka.co.jp/product/oronain/oronain_h/index.html)

ニベアクリームは保湿目的オロナインは傷・にきび・あかぎれなどの化膿予防を目的に作られています。

どちらも、そもそも小鼻の黒ずみを改善する目的で作られていないのです。

また、ニベアには油分が、オロナインには殺菌成分が含まれ、ニキビの元になったり肌への刺激になる可能性があります。

もうひとつ、噂される黒ずみケアに「綿棒+オイルを使ったケア」があります。

繰り返しになりますが、小鼻の黒ずみ(角栓)はオイルでは溶かせません

角栓のほとんどが古い角質=たんぱく質だからです。

使ったオイルが毛穴に残ってしまい、古い角質と混ざって酸化し新しい黒ずみになることも考えられます。

 

実際に私もニベア、オロナイン、綿棒+オイルで黒ずみが解消されるのか試したことがあります。

どれも効果は感じられず、むしろニキビが出てしまいました。

もちろん、これらの黒ずみ解消法の効果は個人差があると思います。

ただ、本来の目的で使用していない以上、思わぬ肌トラブルにつながる可能性があることを知っておかなければいけません。

小鼻の黒ずみを解消するなら、日々の基本のスキンケアを重視したり、黒ずみ解消に特化したケア商品を使うなど適切な方法を取り入れましょう。

正しく丁寧なケアが黒ずみ解消の近道

小鼻の黒ずみを本気で解消するためには

  • 間違ったケアをしない
  • 基本のスキンケアを丁寧に行う
  • 即効性のあるスキンケアを正しく行う

この3つを意識しましょう。

ご紹介したスキンケアを続けていれば、小鼻の黒ずみは少しずつ改善され目立たなくなっていきます。

黒ずみがあると気になっていじりたくなりますが、余計なことをすると黒ずみは悪化します!

焦らずスキンケアを続け、小鼻の黒ずみをなくしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*