毛穴の黒ずみをケアするならコレ!タイプ別オススメ食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴の黒ずみは食べ物で改善していくことも大切だと知っていますか?

自分の肌状態に合わせてスキンケアをしていると思いますが、内側からのケアをプラスすることでよりキレイな毛穴を目指せます。

毎日の食事に気をつけて手軽に黒ずみのない毛穴を手に入れられたら嬉しいですよね。

今回は元エステティシャンの私が、毛穴の黒ずみタイプ別に毛穴レスを目指せる効果的な食べ物をご紹介します!

スーパーで手に入り調理しやすく食事に取り入れやすい食材に絞って選びました。

ぜひ毎日の献立に取り入れてくださいね。

毛穴とは

毛穴がどのような構造・働きがあるのか簡単に解説します。

構造と働きが少しわかるだけでも、毛穴が黒ずんで見える原因がより理解しやすくなりますよ。

毛穴(毛孔)は皮脂腺から分泌された皮脂の出口で、この皮脂が汗と混ざることで皮脂膜を作り皮膚を保護しています。

皮脂膜は肌のツヤや乾燥を防ぐ働きがあり、皮膚にとってなくてはならない存在です。

が生えているですから、肌トラブルがなくても毛があることで黒ずんで見えますし、毛穴自体が少しくぼんでいるため影ができて黒ずんで見えることもあります。

肌トラブルがなくても黒ずんで見えてしまう毛穴は、何らかのトラブルが起こると余計黒ずみが目立つ状態になります

自分の毛穴タイプを知ろう

毛穴の黒ずみは大きく分けて4つのタイプがあります。

自分がどのタイプなのか照らし合わせてみてください。

それぞれどのような状態で、どのような原因によって黒ずんでいるのか見ていきましょう。

詰まり毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

古い角質と皮脂が混ざり毛穴に詰まっている状態です。

触るとザラザラしていてTゾーン・小鼻にできやすく、ターンオーバーの乱れやメイク汚れが残っていることが原因です。

たるみ毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

毛穴が楕円形になりデコボコしています

肌にハリや弾力が無く、くぼみができることによって影ができ黒ずんで見えます。

主に頬に起こりやすく、加齢などにより皮脂腺を支えたり皮膚の土台となる真皮が弱ることが原因です。

メラニン毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

外部刺激によってメラニンが増え黒ずんでいる状態です。

触ってもザラザラしていないのが特徴で、紫外線対策不足・毛穴パックのし過ぎ・ゴシゴシ洗顔など皮膚に刺激があることが原因です。

開き毛穴

(出典:http://www.takamiclinic.com/service/pore/kind.php)

脂性肌の方によく見られます。皮脂の分泌が多く毛穴が開いているせいでくぼみが大きく、黒ずんで見えます。

毛穴の黒ずみタイプ別おすすめ食材

詰まり毛穴

  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • 卵黄

これらはビタミンA(βカロテン)が多く含まれ、ターンオーバーを整え皮膚を修復する効果があります。

ビタミンAは粘膜や皮膚を健やかに保ち、肌のハリ・ツヤを高める効果もあります。

不足すると皮膚が乾燥したり角質が厚くなることがあります。

たるみ毛穴

  • 豚ロース肉
  • 鶏むね肉
  • 豆腐
  • アスパラガス

これらはコラーゲンの生成に必要なアミノ酸が多く含まれています。

アミノ酸は健康な皮膚や髪の毛を作るのにとても重要な栄養素です。

皮膚の水分を保ちシワやたるみを防ぐ働きがあり、不足すると肌のハリ・ツヤも失われ顔色も悪くなりやすいです。

メラニン毛穴

  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • いちご
  • キウイ

これらはメラニンの生成を抑えるビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCはシミの改善にも効果的な栄養素で、日焼けによるメラニンの生成を抑える効果もあります。

またニキビを防いだりターンオーバーを整える作用もあり、美肌には欠かせない栄養素のひとつです。

開き毛穴

  • 納豆
  • しめじ
  • 豆苗
  • ぶり

これらに含まれるビタミンB2皮脂の分泌をコントロールする効果があります。

またビタミンB2は糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーに変える働きがあります。

体の成長・老化防止・ダイエットにも関わりがあり、ビタミンB2が不足すると脂肪が溜まりやすくなったり肌荒れを起こしやすくなります。

全タイプに共通する避けるべき食事

  • 砂糖の多いもの
  • インスタント食品
  • スナック菓子

一週間のご褒美に甘いものをたくさん食べる、作るのが面倒だからとカップラーメンを食べる、ストレス発散にお菓子をドカ食いする・・・

だめだと思いながらもやってしまいますよね。

これらは皮膚にとって大切なビタミンの吸収を邪魔したり、コラーゲンを劣化させたり、あらゆる肌トラブルに繋がる恐れがあります

毛穴の黒ずみだけの問題でなく、皮膚そのものを健やかに保つためにできるだけ避けることをおすすめします。

偏りなく食事に取り入れて黒ずみ対策!

タイプ別にご紹介したおすすめの食材は、そればかり食べていると栄養に偏りが出て体調を崩してしまいます。

大量に食べるのではなく、毎日少しずつ続けられる量で食事に取り入れてみてくださいね。

私もよくネットで毛穴の黒ずみに効果のある食べ物を検索することがあります。

レバーとかうなぎとか、そんなの毎日食べないよ!と思っていたので、今回改めて調べてみて手軽に取り入れられる食材が見つかってよかったです。

いつもの献立に一品追加する程度なら時間も手間もかからないですよね。

コツコツ続けて黒ずみのないキレイな毛穴を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*