4つの毛穴の黒ずみタイプと正しいスキンケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ざらざらしていたり、開いていたり、デコボコしていたり。毛穴の黒ずみと言っても人それぞれタイプが違いますよね。

乾燥肌や脂性肌など肌タイプによってスキンケアが違うように、毛穴の黒ずみもタイプによって適切なスキンケアは変わります。みなさんは自分の毛穴がどんな原因で黒ずんでいるか知っていますか?

今回は、そんな毛穴の黒ずみができる原因と、タイプ別に正しいスキンケア方法をご紹介します。

毛穴の黒ずみタイプを知ろう

「毛穴の黒ずみ」は4種類に分けられます。スキンケアを始める前に自分がどのタイプなのか、どんな原因で黒ずんでしまうのかを知ることから始めましょう。

詰まり毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

古い角質と皮脂が混ざり毛穴に詰まっている状態です。これを角栓と言い、はじめは白い角栓に見えますが放っておくと酸化して黒くなり目立つようになります。

Tゾーンや小鼻にできやすく、ターンオーバーがスムーズでなかったりメイク汚れが落としきれていないことが原因です。

たるみ毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

毛穴がしずくのような楕円形でデコボコし、くぼみができることで影ができ黒ずんで見えます。頬に起こりやすく、加齢などによりコラーゲンやエラスチンなど皮膚の土台となる真皮が弱り、肌の弾力が失われることが原因です。

メラニン毛穴

(出典:http://p.i-voce.jp/qa/beauty_clinic/column/column05_2.html)

紫外線や外部刺激によってメラニンが増え黒ずんでいる状態です。「毛穴ジミ」とも呼ばれ、触ってもザラザラしていないのに黒ずんで見える場合はメラニンによる毛穴の黒ずみだと考えられます。

紫外線対策をしていない、毛穴パックのし過ぎ、黒ずみを無くそうと強く擦って洗顔しているなど皮膚に刺激があることが原因です。

開き毛穴

(出典:http://www.takamiclinic.com/service/pore/kind.php)

皮脂の分泌が過剰で毛穴が開き黒ずんで見えます。Tゾーンに起こりやすく、脂性肌の人によく見られます。

また開き毛穴は生まれつき毛穴が大きい場合もあり、これは化粧品で改善することは難しいです。

毛穴の黒ずみタイプ別スキンケア方法

詰まり毛穴のスキンケア

角栓のおよそ7割は古い角質でできています。これはタンパク質汚れなのでクレンジングオイルでは綺麗に取り除けません。

ピーリング効果のある洗顔料を使うことで角栓を取り除けます。ピーリングは溜まった古い角質を取り除きターンオーバーをスムーズにしてくれる役割があります。

ただし、ピーリングは毎日行うと皮脂を取りすぎたり肌を傷つけてしまうこともあるため、普段のスキンケアに週1・2回程度取り入れ角栓のケアをすることをおすすめします。

またAHAという成分が配合されているピーリング洗顔料は、古い角質を柔らかくし毛穴詰まりを予防する効果があります。

たるみ毛穴のスキンケア

保湿を徹底し皮膚の老化を予防することが大切です。べたつくからと保湿を怠っていると皮膚の水分量が減りハリもなくなり、余計にたるみ毛穴が目立ってしまいます。

とくにレチノールという成分が配合されている化粧品を選ぶと効果的です。レチノールは医学的にも効果が認められていて、肌への浸透力が高くコラーゲンを増やす働きをしてくれます。

しかしレチノールは皮膚への刺激が強いこともあり使い始めは肌がかさつき、肌が慣れてくるとかさつきは落ち着きます。肌状態を見ながら少しずつスキンケアに取り入れましょう。

メラニン毛穴のスキンケア

美白効果のある化粧品を選ぶと効果的です。とくにトラネキサム酸・アルブチン・プラセンタエキスが配合されている化粧品を選ぶと良いです。

またビタミンC誘導体が配合された化粧品も美白効果が高く、メラニンによる黒ずみに効果的です。

さらにメラニンが生成されるのを防ぐためには紫外線対策も重要です。季節関係なく常に紫外線は降り注いでいるので日焼け止めは忘れず塗りましょう。洗顔やメイク落としも擦るのではなく優しくなでるように行うことで刺激を減らせます。

開き毛穴のスキンケア

皮脂の分泌が多い開き毛穴には収れん化粧品がおすすめです。毛穴を引き締め皮脂の分泌が過剰になることを抑えてくれます

とくにビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えコラーゲンを増やし、ハマメリスエキスは皮脂の分泌を抑えながら潤いを保つ効果があります。

生まれつき毛穴が大きく開いている場合は化粧品の効果で目立たなくすることは難しいです。医療機関でレーザー治療を受けると毛穴を小さくできる可能性があります。

タイプ別の正しいスキンケアで整った肌に!

「毛穴の黒ずみ」と言ってもいろんなタイプがあり、それぞれ原因もスキンケア方法も違うということがわかりました。

私自身、毛穴が詰まっていると感じたらクレンジングオイルでゴシゴシしてしまっていたので、全然取れないし逆に刺激になりメラニンが過剰に作られていたかもと後悔しています。

毛穴が黒ずんでいると隠すためにファンデーションが厚塗りになってしまい、それが毛穴に詰まって余計黒ずみがひどくなったなんてこともあり得ます。タイプ別のスキンケアで早めに対処することが、黒ずみを無くす近道です。

自分のタイプさえ分かればもう大丈夫です。今日から正しいスキンケアを始めて綺麗なお肌になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*