肘の黒ずみ解消にはコレ!効果的な2つの角質ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひじの黒ずみを放っておいてしまい、どんどん目立つようになり困っていませんか?

服で隠れる時期は気が緩んでしまいますが、肌の露出が増える季節には結構目立つので厄介ですよね。

なんとなく汚く感じたり、恥ずかしくて嫌だ!と感じている方はたくさんいると思います。

そんなひじの黒ずみはある2つの角質ケアをすると目立たなくなります。

今回は自宅でできるひじの角質ケアと、さらに黒ずみを増やさないための角質ケア後のスキンケアをご紹介します。

誰に見られても恥ずかしくない綺麗なひじにしましょう!

ひじに黒ずみができる原因って?

ひじの黒ずみは主に以下の3つの原因によってメラニンが増え目立ってしまいます。

摩擦

服などが擦れて刺激を受けることが多いと、その刺激から皮膚を守ろうとメラノサイトが反応しメラニンを作り出します。

出典:http://www.skincare-univ.com/t/daily-020047/)

服に擦れる摩擦なんて大したことないと思いがちですが、毎日少しずつ摩擦が積み重なるとどんどん黒ずみが目立つようになります。

圧力

頬杖やひじをつきながら何かをすることって誰にでもありますよね。

このときひじには何キロもの圧がかかっていて角質が厚くなります。するとメラニンの排出が遅れ黒ずみが目立ちます。

乾燥

ひじは顔などに比べて皮脂の分泌が少なく、皮膚を保護する皮脂膜が作られにくい部位です。

(出典:https://www.dr-baeltz.co.jp/products/care_1411.html)

皮脂膜がないと水分が蒸発しやすく乾燥しバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると皮膚は刺激を受けやすくなり、その刺激から守ろうとメラニンを作り出して黒ずみが増えていくのです。

さらに乾燥はターンオーバーの乱れも引き起こす原因の一つで、これによっても黒ずみが目立ちやすくなります。

 

摩擦・圧力・乾燥の3つが関わり合い、ひじの黒ずみがなかなか消えないという悪循環を引き起こします。

そしてひじの黒ずみに大きく関わっているのが角質肥厚です。

角質肥厚って?

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれ、表皮はさらに4層に分かれます。

表皮の一番上の層を角質層といい、皮膚を乾燥などから守る大切な役割をしています。

(出典:https://www.risou.com/skincare/01.php)

皮膚はターンオーバーによって古い角質が剥がれ、新しい角質層に入れ替わります。

しかし、保湿不足や外部刺激が原因でターンオーバーがスムーズでなくなると、角質層が分厚くなり古い角質が溜まっていき黒ずみが目立つ原因になるのです。

これを角質肥厚といいます。

(出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1129.do)

ひじの黒ずみには角質ケアが効果的!

分厚くなった古い角質(角質肥厚)を取り除く角質ケアをすると、ひじの黒ずみが解消できます。

自宅でできるスペシャルケアとして取り入れ、ひじの黒ずみを徐々に無くしていきましょう!

ピーリング

(出典:http://weheartit.com/missioncatnip)

ピーリングには、古い角質を酸の力で剥がしターンオーバーをスムーズにしたり皮膚をなめらかにする効果があります。

市販されているピーリング化粧品は主にAHAという天然由来の成分が配合され、皮膚への刺激も少なめに作られています。

なかでも、せっけんやジェル状の洗い流すタイプのピーリング化粧品が使いやすく刺激も少ないのでオススメです。

ピーリングは皮膚を剥がす作用があり、毎日使うと乾燥がひどくなったり肌荒れを起こしてしまうことがあります。

市販のものは刺激が少なめに作られているとはいえ、その商品の説明書にある頻度で行うことが肌荒れを起こさないポイントです。

スクラブ

スクラブは細かい粒子を配合し、研磨剤のような作用で古い角質を取り除き皮膚をなめらかにする効果があります。

(出典:http://weheartit.com/missioncatnip)

スクラブは大きく分けて2種類あり、

  • シュガースクラブ・・・粒子が細かく保湿効果もある。
  • ソルトスクラブ・・・粒子が大きめで皮膚の引き締め効果がある。

乾燥などが原因で黒ずみが目立つ肘の角質ケアにはシュガースクラブがおすすめです。

スクラブもピーリング同様、商品の説明書にある頻度で行い肌荒れを起こさないよう正しい使い方をしましょう。

角質ケア後のスキンケア

保湿は必須!

ピーリング・スクラブ後の皮膚は一時的に敏感になり乾燥しやすい状態です。

普段使っている化粧水や乳液、ボディクリーム等で保湿をしましょう。

とくにおすすめなのはセラミドが入った化粧品です。

セラミドは皮膚のうるおいに関わる重要な成分で、皮膚のバリア機能を高める働きがあります。

皮膚への浸透力・保湿力が高いヒト型セラミドのセラミド1、2、3を選ぶと良いです、

美白を取り入れる

角質ケアをすると古い角質が取り除かれ化粧品の成分が浸透しやすくなります。

保湿と同時に美白を行うことで、黒ずみができないよう予防しより薄くする効果が期待できます。

顔に使う化粧品や、黒ずみケアとして販売されている美白化粧品などが効果的です。

美白効果のある有効成分はトラネキサム酸、プラセンタエキス・ビタミンC誘導体が有名です。

ぜひこれらが配合されている化粧品を選んでくださいね。

紫外線対策を忘れずに

紫外線は皮膚へのダメージが強く、夏だけでなく一年中降り注いでいます。

とくに角質ケアをしたあとは一時的に皮膚が敏感になり紫外線の刺激も受けやすくなります

角質ケア後だけでなくあらゆる肌トラブルを予防するために紫外線対策を徹底しましょう。

スペシャルケアでキレイなひじになろう

ふと鏡に映ったひじを見て「こんなに黒ずみが増えてたんだ」とびっくりした経験があります。

それ以来化粧水をつけたりピーリングをしてみたり、地道にケアし続けたら少しずつ綺麗になってきました。

スキンケアというと顔にばかり集中しがちですが、肘などのボディケアも毎日行えば全身綺麗な自信のある体になれますね。

ピーリングもスクラブもたくさんやればいいということではないので適度に行うことが大切です。

頬杖をつくクセをやめるなど、小さなことですが諦めずコツコツ続けて黒ずみのないひじを目指しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*