肘の黒ずみ解消にはコレ!効果的な2つの角質ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひじの黒ずみを放っておいてしまい、どんどん目立つようになり困っていませんか?

服で隠れる時期は気が緩んでしまいますが、肌の露出が増える季節には結構目立つので厄介ですよね。

なんとなく汚く感じたり、恥ずかしくて嫌だ!と感じている方はたくさんいると思います。

そんなひじの黒ずみはある2つの角質ケアをすると目立たなくなります。

今回は自宅でできるひじの角質ケアと、さらに黒ずみを増やさないための角質ケア後のスキンケアをご紹介します。

誰に見られても恥ずかしくない綺麗なひじにしましょう!

ひじに黒ずみができる原因って?

肘に黒ずみができてしまうのは、

  1. 頬杖をつくクセ、服・タオルなどの摩擦による刺激でメラニンが増える&角質を厚くする
  2. もともと乾燥しやすく刺激に弱い部位である

こんな原因があります。

圧力・摩擦・乾燥が黒ずみを作る!

仕事中やスマホをいじるときなど、何気なく頬杖をついてしまいますよね。

肘には何キロもの圧がかかり、この刺激から皮膚を守ろうと黒ずみの元になるメラニンを作ります

肘の黒ずみを落とそうとゴシゴシ洗ってしまうのも、メラニンを増やすだけで逆効果なのでやめましょう!

黒ずみが消えにくい理由

上記のような原因で増えたメラニンは、ターンオーバーによって垢と一緒に剥がれ落ちます。

しかし日常的に刺激を受けていることでメラニンがどんどん増え、ターンオーバーで排出するまでに時間がかかります

さらに、刺激から皮膚を守るために古い角質を積み重ねる=角質肥厚を起こし、メラニンを含む角質が皮膚表面に溜まっていきます。

(出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1129.do)

角質肥厚はターンオーバーを邪魔するため、

  • メラニンを含む古い角質がはがれない
  • 水分を含んだ新しい皮膚が生まれ変われない

こんな肌状態になります。

加えて、肘はもともと顔などに比べて皮脂分泌が少なく、皮膚を保護する皮脂膜が作られにくい部位です。

そのため水分が蒸発しやすく、皮膚のバリア機能が弱くなりがで刺激を受けやすい肌状態になります。

(出典:http://noevirgroup.jp/nov/product/nov3.aspx)

刺激から皮膚を守るために角質肥厚すると言いましたが、乾燥による水分の蒸発を防ぐために角質肥厚を起こすこともあるんです。

その結果、ターンオーバーが邪魔され黒ずみが肘に残ってしまいます

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

ここまでをまとめると、

  1. 元々乾燥しがちで刺激に弱い肘に
  2. 日常的な摩擦・圧迫が加わり
  3. メラニンがどんどん増える
  4. さらに刺激から守るために
  5. 角質肥厚がひどくなり
  6. 肘の黒ずみがなかなか消えない

こんな悪循環を起こしているんです。

肘の黒ずみを綺麗にするには?

自宅でできる肘の黒ずみ対策に「角質ケア」があります。

余分な角質を取り除く効果があり、通販やドラッグストアなどで売っている専用の商品を使うと簡単にできます。

どちらも角質肥厚しがちな肘に効果的なスキンケアのひとつです。

使い方を守りスペシャルケアとして取り入れ、肘の黒ずみを予防・改善しましょう!

角質ケアで肘の黒ずみを綺麗にしよう

黒ずんでゴワゴワした肘に効果的な角質ケアにはスクラブピーリングがあります。

  • ピーリング・・・酸性の成分を含み古い角質をはがす
  • スクラブ・・・細かい粒子を含み古い角質を取り除く

このような違いがあり、どちらもターンオーバーをスムーズにして肌をなめらかにする効果があります。

肘の黒ずみ、ざらつき、ごわつき解消におすすめのスキンケアです。

それぞれどのような特徴があり、どんなことに注意して使ったらよいか解説します。

ピーリング

(出典:http://weheartit.com/missioncatnip)

酸性の成分で古い角質をはがすピーリングには、主にAHAという比較的刺激が少ない成分が配合されています。

皮膚科で行うピーリングでもAHAは使われますが、市販の商品は濃度が低いため皮膚への作用もおだやかです。

泡立てて使うせっけんタイプ、皮膚につけて優しく滑らせ洗い流すジェルタイプなどがあります。

ピーリングの注意

説明書に書かれている頻度、あるいはそれ以下でスキンケアに取り入れましょう。

力を入れてゴシゴシこするのも肌を傷つけるため優しく行うのがポイントです。

ピーリングは角質をはがす作用があるため、毎日使うと必要な角質まではがしてしまい肌が敏感になったり乾燥がひどくなるおそれがあります。

市販のものは刺激が少なめに作られているとはいえ、使いすぎると肌荒れを起こすため注意しましょう。

また、すすぎ残しに注意し肌に成分が残らないようにしましょう。

スクラブ

(出典:http://weheartit.com/missioncatnip)

細かい粒子を含むスクラブは、研磨剤のような作用で物理的に古い角質を取り除きます

代表的なスクラブは2種類あり、

  • シュガースクラブ・・・砂糖を含んだ、粒子が細かく保湿効果もあるタイプ
  • ソルトスクラブ・・・塩を含んだ、粒子が大きめで皮膚の引き締め効果があるタイプ

乾燥しがちな肘にはシュガースクラブがおすすめです。

スクラブの注意点

説明書にある頻度、あるいはそれ以下の頻度で行い、乾燥の悪化や肌荒れを起こさないよう使いましょう。

ゴシゴシこすると肌を傷つけるため力加減に注意が必要です。

スクラブに含まれる粒子が肌に残らないよう使用後はしっかり洗い流しましょう。

角質ケア後のスキンケア

角質ケアをしたあとのスキンケアを丁寧に行い、乾燥や黒ずみを予防しましょう。

これから解説する3つは必ずしてほしいスキンケアです。

保湿は必須!

ピーリング・スクラブ後の皮膚は一時的に敏感になり乾燥しやすい状態です。

普段使っている化粧水や乳液、ボディクリーム等で保湿をしましょう。

とくにおすすめなのはセラミドが入った化粧品です。

セラミドは皮膚のうるおいに関わる重要な成分で、皮膚のバリア機能を高める働きがあります。

皮膚への浸透力・保湿力が高いヒト型セラミドのセラミド1、2、3を選ぶと良いです、

美白を取り入れる

角質ケアをすると古い角質が取り除かれ化粧品の成分が浸透しやすくなります。

美白を取り入れることで黒ずみを予防できたり、より薄くする効果が期待できます。

顔に使う化粧品や、黒ずみケアとして販売されている美白化粧品などが効果的です。

美白効果のある有効成分はトラネキサム酸、プラセンタエキス・ビタミンC誘導体などがあります。

ぜひこれらが配合されている化粧品を選んでくださいね。

紫外線対策を忘れずに

紫外線は皮膚へのダメージが強く、夏だけでなく一年中降り注いでいます。

とくに角質ケアをしたあとは刺激に敏感で、紫外線の刺激も受けやすくなります

角質ケア後だけでなくあらゆる肌トラブルを予防するために紫外線対策を徹底しましょう。

スペシャルケアでキレイな肘になろう

ふと鏡に映ったひじを見て「こんなに黒ずみが増えてたんだ」とびっくりした経験があります。

それ以来化粧水をつけたり角質ケアをしてみたり、地道にケアし続けたら少しずつ綺麗になってきました。

スキンケアというと顔にばかり集中しがちですが、肘などのボディケアも毎日行えば全身綺麗な自信のある体になれますね。

ピーリングもスクラブもたくさんやればいいということではないので適度に行うことが大切です。

角質ケアだけでなく頬杖をつくクセをやめるなど、小さなことですが諦めずコツコツ続けて黒ずみのないひじを目指しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*