誰でもできる!鼻の黒ずみを根本から治すたったひとつの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の黒ずみをなくしたいと悩んでいませんか?

人と話していると鼻を見られている気がして嫌ですよね。

いろんな黒ずみ対策商品を試しても、期待していたほど効果がなくがっかりした経験があると思います。

実は、鼻の黒ずみは時間もお金も無駄にしないある方法で解消できるんです。

このページでは

  • 鼻の黒ずみをなくしたい
  • いろいろ試したけど効果がない
  • 黒ずみが毛穴に詰まっている
  • 鼻だけ皮脂が多い
  • 皮脂を取っても黒ずみがなくならない

など、鼻の黒ずみの悩みを根本的に治すための正しい方法を解説しています。

鼻の黒ずみを治す方法は難しくありません。

いつものケアを見直し、鼻の黒ずみをなくしましょう!

鼻の黒ずみをどうにかしたい!

鼻の黒ずみは、ついついやりがちなNG行動スキンケアが不十分なせいで悪化します。

この2つを直し、正しいケアをすれば鼻の黒ずみを解消できます。

鼻の黒ずみはどのようにしてできるのか、根本的に治すためにはどうしたらよいか解説します!

鼻の黒ずみって何なの?

鼻の黒ずみの正体は、皮脂と古い角質が混ざってできた角栓です。

(出典:http://www.seishin-hifuka.com/contents/pores.aspx)

角栓の3割程度は皮脂、7割程度は古い角質です。

角栓ははじめは白っぽいのですが、空気に触れて酸化し黒ずんでいきます。

さらに空気中の汚れや落とし切れていないメイク汚れがあると、角栓と混ざり毛穴に詰まって余計に黒ずんでしまいます。

鼻の黒ずみを増やすNG行動

鼻に黒ずみがあるとついついいじってしまいますよね。

一瞬綺麗になったように見えますが、実際は鼻の黒ずみを悪化させるだけです。

以下のNG行動に心当たりのある方は今すぐやめてください!

1.無理矢理引き抜く・押し出す

鼻の黒ずみで悩む方なら一度はしたことがあると思います。

ピンセットで黒ずみを引き抜いたり爪で押し出しすと、毛穴を傷つけ炎症を起こすのでやめましょう。

この行為を続けていると、鼻の皮膚が傷つきボコボコしてしまいます。

2.毛穴パックのしすぎ

しょっちゅう使っていたり無理矢理剥がすなど、使い方を間違えると毛穴まわりの皮膚がダメージを受け乾燥しやすくなります。

毛穴パックは黒ずみが取れるのが目に見えてわかるためクセになってしまいますよね。

正しく使えば鼻の黒ずみ解消に役立つ商品ですが、やりすぎはNGです。

 

詳しい解説はコチラ

3つのコツで黒ずみ解消。毛穴パックの正しい使い方

3.洗顔のしすぎ

鼻の黒ずみを取ろうとするあまり

  • 洗浄力の強い洗顔料を使う
  • ゴシゴシこすって洗顔する

このような洗顔をすると皮膚を傷め、要な皮脂まで取り除いてしまい肌が乾燥します。

また、乾燥から肌を守るために過剰に皮脂を分泌します。

鼻の黒ずみに効果的だと言われるスクラブ・ピーリング洗顔料も、使い方を間違えると肌にダメージを与えます。

4.オイルクレンジングで溶かそうとする

鼻の黒ずみ=角栓は、オイルクレンジングでは解消できません

古い角質が7割でできていると言いましたが、これはたんぱく質でできているためオイルで溶かすことはできないのです。

さらにオイルクレンジングは洗浄力が強いため、皮脂を取りすぎ乾燥につながります

 

このようなNG行動を続けているとインナードライという肌状態になります。

乾燥性脂性肌とも言い、皮膚表面は脂っぽいのに皮膚の内側は乾燥しています。

(出典:http://www.purenoble.com/column/tips/innerdry.htm)

インナードライは見た目ではわかりづらく、皮脂が出てべたつきがちです。

そして皮脂を取らなきゃ!と、洗顔しすぎるなどのNG行動を繰り返してしまい鼻の黒ずみを増やす悪循環につながります。

鼻の黒ずみができるまで

  1. 皮膚がダメージを受ける
  2. バリア機能が弱くなる
  3. 乾燥して毛穴が開く
  4. 乾燥で過剰に皮脂分泌する
  5. 乾燥や刺激から皮膚を守ろうと角質肥厚する
  6. 皮脂と古い角質が混ざり、詰まって鼻の黒ずみが悪化する

このように鼻の黒ずみが増えていきます。

図の毛孔という部位がいわゆる毛穴です。

皮脂は皮脂腺から分泌され毛穴から出て、汗と混ざって皮脂膜を作っています。

皮脂膜は皮膚表面に膜をはって水分の蒸発を防ぐバリア機能を担っています。

しかし、NG行動によって皮脂が必要以上に取り除かれてしまい、皮脂膜を作れなくなりバリア機能が弱くなります。

皮脂膜が減ると水分が蒸発しやすくなり、角質層に隙間ができて乾燥します

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

乾燥すると皮膚がしぼんでハリがなくなり、毛穴が開いた状態になります。

(出典:http://www.ansage.jp/season_column/vol_12.html)

皮膚が乾燥すると、これ以上水分が蒸発しないよう皮脂をたくさん分泌します。

先ほど解説したインナードライの状態です。

(出典:http://www.purenoble.com/column/keana/genin.htm)

さらに、NG行動による刺激や水分の蒸発を防ぐために角質を厚くします。

これを角質肥厚と言い、通常なら剥がれ落ちるはずの古い角質が皮膚表面に溜まった状態です。

この古い角質が皮脂と混ざり、乾燥によって開いた毛穴に詰まって鼻の黒ずみを作ります。

◎バリア機能とは?

角質層の水分の蒸発を防ぎ、うるおいを保って乾燥や外部刺激から守る機能のことです。

バリア機能は表皮の角質層が担っていて、

  • 水分の蒸発を防ぐ皮脂膜
  • 皮膚の水分をキープする天然保湿因子
  • 角質層の隙間を埋める角質細胞間脂質

この3つがあり、バランスよく保たれることでバリア機能を発揮できます。

(出典:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100022/102200003/?P=2)

鼻の黒ずみを根本的に治す方法

毎日のスキンケアが何より重要です!!

鼻の黒ずみを本気で治すには黒ずみを作らないキンケアを続けるのが一番です。

噂される黒ずみ解消法や化粧品をたくさん試すよりも、毎日のスキンケアを丁寧に行う方が鼻の黒ずみ改善が期待できます。

高い化粧品やエステなどで一時的に鼻の黒ずみをなくせても、毎日のスキンケアが適当ではすぐに黒ずみは元通りになります。

鼻の黒ずみを解消するには、

  • 皮脂の取りすぎを防ぐこと
  • 皮膚が水分保持できるようケアすること

この2つがとても重要です。

今しているスキンケアを見直し、鼻の黒ずみを解消しましょう!

クレンジングは優しく

クレンジングはメイクの成分や油分を取る役割があります。

鼻の黒ずみは落としきれなかったメイク汚れも原因のひとつなので、クレンジングも丁寧に行いましょう。

普段使いにはームクレンジングがおすすめです。

クリームクレンジングはオイルクレンジングに比べて洗浄力が優しめですが、メイクは綺麗に落とせます。

小鼻はメイク汚れが残りやすいので、優しくなじませるようにメイクを落としましょう。

クレンジングするときにはゴシゴシしないよう気を付けましょう。

洗い流すときには体温より少し低いぬるま湯を使います。

熱いお湯は皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。

洗顔は時間をかけずに

洗顔は余分な皮脂や角質、ほこりなどの汚れを取る役割があります。

洗顔するときには

  • 洗いすぎない
  • しっかり泡立てる
  • 擦らない
  • 時間をかけすぎない

この4つのポイントを意識しましょう。

しっかり泡立てた洗顔料で1分程度洗うだけで、余分な皮脂や角質を洗い流すことができます。

必要以上に時間をかけて洗顔していると皮脂をとりすぎてしまいます。

普段使いの洗顔料は、スクラブやピーリング成分の入っていないものが良いです。

洗顔料を洗い流すときもぬるま湯を使いましょう。

保湿でふっくらしたお肌に

鼻の黒ずみができやすい皮膚はインナードライの可能性大です。

皮膚の内側の水分を保つことが黒ずみ・毛穴の開きや目立ちの改善に効果的です。

水分が十分保たれていれば、乾燥による過剰な皮脂分泌も抑えられます。

皮膚の水分を保つ角質層のバリア機能のうち、最も重要なのは角質細胞間脂質です。

角質細胞間脂質は角質層の水分保持の80%を占めています。

その角質細胞間脂質の多くを占めるのがセラミドという成分です。

セラミドは角質細胞同士をくっつけ隙間を埋め、分を挟み込む効果があります。

これまでのNG行動でダメージを受け乾燥した皮膚をセラミドで保湿すると、角質層の分を保ってリア機能をサポートできます。

セラミド配合化粧品の選び方

セラミドは

  • ヒト型セラミド
  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド
  • 合成セラミド

この4種類あります。

このうち浸透力・保湿力が一番高いのがヒト型セラミドです。

化粧品の成分表示にはセラミド1、2、3と数字で表示されています。

セラミド以外でオススメの保湿成分にヒアルロン酸があります。

保湿といえばヒアルロン酸、というくらい保湿成分として有名ですよね。

ヒアルロン酸もバリア機能のひとつである天然保湿因子に含まれる成分のひとつです。

水分を抱え込む効果があり、たった1グラムで6リットルもの保水力があると言われています。

スキンケアの効果はあなどれない

鼻の黒ずみを根本的に治すには

  • NG行動を今すぐやめる
  • 皮脂の取りすぎに注意する
  • 皮膚内の水分を保つケアをする

この3つのポイントがとても重要です。

私自身、鼻にできた黒ずみをピンセットでつまんでみたり、毛穴パックや洗顔を頻繁にしていた時期がありました。

やっぱり鼻の黒ずみは悪化し、NG行動のせいで毛穴が広がり傷跡のように残っている部分もあります。

このままだとヤバイ。と思い改善方法を徹底的に調べ、上記の3つのポイントを意識したスキンケアに変えたらかなり改善された実感があります。

以前に比べて必要以上に皮脂が出てべたつくこともなくなりました。

もしあなたがNG行動をしているなら今すぐやめてください。

そして今しているスキンケアを見直し、基本のスキンケアを丁寧に続け黒ずみをなくしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*