肌荒れする本当の理由と美肌を作る3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌荒れしやすくて悩んでいませんか?

かさついたりニキビが出たり、肌荒れの悩みはたくさんありますよね。

肌荒れしやすいと感じるなら、肌が弱っていたり生活習慣の乱れが原因だと考えられます。

このページでは、

  • 肌荒れが続いている
  • 乾燥してかゆみもある
  • ニキビができやすい
  • ストレスが溜まると肌荒れする

など、肌荒れの悩みを治したいあなたに伝えたい情報をまとめています。

肌荒れしにくいお肌になるには、肌の機能を整えたり生活習慣を見直すことが大切です。

肌荒れする本当の理由を知り、正しくケアして肌荒れ知らずのお肌を手に入れましょう!

肌荒れってどんな状態?

肌荒れの症状は人それぞれ

何らかの肌トラブルが起こっている状態を肌荒れと呼びます。

「肌荒れ」と言っても人によって症状はさまざまで、

  • 乾燥してかさつく
  • ニキビが出る
  • 赤くなる
  • 湿疹が出る
  • かゆみがある

このような症状があります。

肌荒れを起こす3つの原因

肌荒れの原因を大きく分けると、

  • 肌の機能が低下している
  • 外部刺激を受けている
  • 生活習慣が乱れている

これら3つが肌荒れに影響しています。

なかなか治らない肌荒れはこれらに当てはまる可能性が高いです。

肌の機能が低下して起こる肌荒れ

このページで言う「肌の機能」とは、

  • ターンオーバー=皮膚の生まれ変わりのサイクル
  • バリア機能=水分の蒸発を防ぎ皮膚を守る

この2つのことです。

「肌の機能」が低下した状態になると、さまざまな肌荒れを起こします。

ターンオーバーが乱れている

ターンオーバーが早いと肌細胞が未熟で刺激に敏感になり、肌が乾燥したり湿疹・かゆみ・皮膚炎などの肌荒れ起こしやすくなります。

逆にターンオーバーが遅いと古い角質やメラニンの排出が遅れて、ニキビ・毛穴の詰まり・シミなどにつながります。

 

ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのサイクルのことです。

角化・新陳代謝とも呼ばれますが、このターンオーバーを繰り返すことで肌の健康やバリア機能を維持しています。

(出典:https://www.placentaya.com/contents/turnover.html)

ターンオーバーの主な役割は3つあります。

  • 皮膚が新陳代謝を繰り返して古い角質を排出する
  • 新しい肌細胞を作り出す
  • 水分を保って皮膚のバリア機能を高める

そして、ターンオーバーは

  • 紫外線
  • 外部刺激
  • ホルモンバランス
  • 血行不良
  • ストレス
  • 食生活の乱れ

これらの影響を受けて乱れてしまいます。

バリア機能が低下している

ターンオーバーが乱れると皮膚のバリア機能が弱くなり、外部からの刺激に敏感になってしまい湿疹・かゆみ・アレルギーや皮膚炎の悪化につながります。

皮膚のバリア機能とは、角質層の水分の蒸発を防ぎ乾燥や刺激から皮膚を守る機能のことです。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

バリア機能が弱くなると角質層に隙間ができ、紫外線やウイルスなどの刺激を受けやすくなります。

バリア機能は皮脂膜・天然保湿因子・角質細胞間脂質の3つで維持しています。

(出典:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100022/102200003/?P=2)

アレルギーも肌荒れを起こす

アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に触れたとき、その物質に対して免疫機能が過剰に反応してしまう湿疹やかゆみなどの肌荒れ(アレルギー反応)を起こします。

バリア機能が弱くなって角質層に隙間があると、余計にアレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。

アレルゲンには花粉・金属・化粧品などがあります。

外部刺激が原因の肌荒れ

紫外線は肌の大敵!

紫外線対策が不十分だと乾燥・赤み・シミ・シワの原因になります。

光老化と呼ばれるほど紫外線の肌への影響は大きく、肌荒れだけでなく肌の老化につながります。

肌に影響を及ぼす紫外線には、UVAUVBがあります。

  • UVA

皮膚に影響を与える紫外線のうち9割を占めています。

UVAには、シミなどのすでにできているメラニンを濃くする作用があります。

さらに、真皮にまでダメージを与えてじわじわと肌を老化させます。

真皮には肌の弾力やハリ・みずみずしさに関わるコラーゲンが含まれています。

紫外線によって真皮がダメージを受けるとコラーゲンまで減ってしまい、肌の水分も減って乾燥しやすくなります

  • UVB

いわゆる日焼けを起こす紫外線で、短時間浴びただけで赤みやひりつきなどの肌荒れが現れます

日焼けによってターンオーバーのリズムが乱れてしまい、肌荒れにつながります。

UVBはメラノサイトを刺激してメラニンを作り出し、シミや黒ずみを増やす作用もあります

間違ったスキンケア

  • ゴシゴシ洗う
  • 洗浄力の強いクレンジング料を使う
  • べたつくから乳液は付けない
  • メイクを落とさずに寝る

このような間違ったスキンケアを続けていると、乾燥・毛穴の目立ち・ニキビなどの肌荒れを起こしやすくなります。

さらに化粧品が肌に合っていないと、肌に刺激を与え赤みやかゆみを起こすきっかけにもなります。

生活習慣の乱れが原因の肌荒れ

食生活の乱れ

甘いものばかり食べている、野菜ばかりで肉を食べないなど栄養に偏りがあニキビなどの肌荒れを起こします。

食事から摂った栄養素が体を作っています。

同じように肌も栄養素を元に作られ、健やかに保たれています。

栄養素が不足・偏ると、新しい肌細胞が作られにくくなりターンオーバーの乱れを起こしたり、過剰な皮脂分泌につながります。

さらに暴飲暴食、無理なダイエットも栄養の偏りにつながって肌荒れを起こします。

睡眠不足・ストレス

人間は寝ているときに成長ホルモンを多く分泌し、ターンオーバーを整える働きがあります。

睡眠時間が足りない・熟睡できていないなど、睡眠が十分にとれていないと肌荒れを起こしやすくなります。

またストレスも肌荒れに関わっています。

ストレスを感じたときには自律神経の交感神経が優位になります。

自律神経は2つあり、意思とは関係なく働くもので臓器を動かしています。

  • 交感神経・・・体が緊張したりストレスを感じたときに働き、血管を収縮させる。
  • 副交感神経・・・睡眠時やリラックスした状態のときに働き、血流をスムーズにする。

ストレスが多く交感神経が優位な状態が続くと血流が悪くなり、肌細胞に栄養素を運ぶ機能が弱くなって肌荒れを起こしやすくなります

さらに交感神経が優位なときには体が興奮して寝つきが悪くなることもあり、成長ホルモンの分泌も不十分になってしまいます。

ホルモンバランス

ホルモンバランスの変化によってニキビが出やすくなることがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、プロゲステロンには皮脂分泌を活発にする作用があります。

生理前にニキビが出やすくなるのもプロゲステロンの影響です。

また、プロゲステロンはメラノサイトを刺激する作用もあり、シミや黒ずみの元であるメラニンを増やしてしまいます。

肌荒れを予防・改善する方法

スキンケアを見直す

バリア機能を高めるスキンケアを行い、肌荒れしにくいお肌に近づけましょう。

スキンケアで大切なポイントは保湿です。

保湿に効果的なセラミド・ヒアルロン酸の入っている化粧品を取り入れましょう。

セラミドは水分保持に大きく関わる角質細胞間脂質に含まれる成分です。

水分を挟みうるおいをキープします。

角質細胞間脂質が満たされ、角質層に隙間ができないようにするとウイルスや紫外線などの刺激に強いお肌になります。

また、ヒアルロン酸は天然保湿因子に含まれる成分で、水分を抱え込む効果があります。

この2つの成分を化粧品で補うことでバリア機能のサポートができます。

「乳液なし」はおすすめしません

乳液には油分も含まれていて皮脂膜の代わりになり、バリア機能をサポートする効果があります。

べたつきが気になるTゾーンや、ニキビができている部分には乳液を少なめに塗って肌を保護しましょう。

肌に刺激を与えないために

オイルクレンジングは洗浄力が強いため日常的に使っていると皮脂を取りすぎてしまいます

普段使いには、メイクが落としやすく皮脂を取りすぎないクリームクレンジングがおすすめです。

オイルクレンジングは絶対ダメ!ということではないので、濃いメイクのときだけにするなど使い分けましょう。

より肌に負担をかけずにメイクを落とすなら、

  1. 目元・口元のメイクをポイントクレンジングで先に落とす
  2. 顔全体のメイクをクリームクレンジングで落とす

この方法がおすすめです。

また、洗顔やクレンジングをするときには力を入れすぎないよう顔全体を優しく洗い、成分が肌に残らないよう丁寧にすすぎましょう。

紫外線対策を徹底する

紫外線から肌を守り乾燥や肌の老化を防ぎましょう。

日焼け止めを塗り、さらに日傘つばの広いを一緒に使うとより効果的です。

肌に負担をかけず日焼け止めを使うためには、シチュエーションによって使い分けることが大切です。

UVBを予防するSPF・UVAを予防するPAは、数値が大きいほど紫外線予防効果が高いものの、その分肌への負担も大きいという特徴があります。

ちょっとした買い物程度なら数値の小さいもの、レジャーには数値の大きいものを選ぶようにしましょう。

(出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step2/index.html)

生活習慣を改善する

1.肌荒れに効く栄養素を摂る

肌荒れを予防・改善するにはビタミンB群がおすすめです。

皮膚を健康に保ち、皮脂分泌を整えたりターンオーバーをサポートする作用があります。

納豆・サンマ・マグロ・カツオ・アーモンド・卵などに多く含まれています。

ビタミンB群以外で肌荒れ改善に効果的な栄養素は、

  • ビタミンA・・・にんじん・ほうれん草・かぼちゃ
  • ビタミンC・・・ピーマン・モロヘイヤ・いちご
  • ビタミンE・・・アーモンド・アボカド・卵黄
  • 亜鉛・・・牛肉・ごま・卵・納豆

これらをいつもの食事に一品プラスする・料理の食材に足すなど、意識して摂るようにしましょう。

2.リラックスする方法

体をリラックスさせることで、睡眠不足の解消やストレス発散・ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

寝る前には少しぬるめの38~40度のお風呂にゆっくり浸かり、体の芯から温めると副交感神経が優位になりリラックスできます。

体を温めるのはホルモンバランスを整える効果もあります。

寝る1時間くらい前から部屋を暗くして寝る準備をしましょう

睡眠を妨げる行動を控えることも大切です。

寝る前のカフェインの摂りすぎやスマホをいじっているのも、交感神経を刺激してしまうため控えましょう。

そして、ストレスが溜まっているときには泣くのが効果的です。

涙を流すと副交感神経が優位になり、体がリラックスモードに変わります。

(出典:http://fufufu.rohto.co.jp/feature/339/2/)

泣くことは笑うことよりもストレス発散効果が高いとされています。

「これを見たら必ず泣いてしまう」というドラマや映画を選んで、涙を流してストレスを解消しましょう。

3つのポイントで肌荒れ知らずになろう

スキンケア不足だったな

最近寝不足だったな

お菓子ばかり食べていたな

など、肌荒れの原因に心当たりがあったと思います。

肌荒れを予防・改善する方法はどれも難しいものではありません。

いつものスキンケア・いつもの生活習慣を少し変えるだけで、肌荒れは良くなっていきます

私も肌の乾燥がなかなか治らず、セラミドが入った化粧水や乳液に変えてみました。

冷房や紫外線のダメージがある時期ですが、変える前よりも肌がもちもちして乾燥が改善された実感があります。

できることからコツコツ始め、肌荒れにつながる原因を減らしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*