肌の黒ずみは自分で解消できる!絶対やるべき3つのケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にか濃くなっている肌の黒ずみに悩んでいませんか?

人に見られたくない!と恥ずかしさを感じていると思います。

そんな肌の黒ずみは、絶対やるべき3つのポイントを実践すれば徐々に解消されます。

このページでは、

  • 何で肌が黒ずむの?
  • どうやったら治る?
  • 人にバレずに綺麗にしたい
  • 美白クリームって効果ある?

など、肌の黒ずみの悩みを解決する方法をご紹介しています。

すべて読んで実践してみてください。

一ヶ月後には肌の変化に気付くはずです。

さらに今回は、黒ずみ改善効果が高いと噂の美白クリームを使って、どれくらい変化があるのか検証しました!

私が実際に使ってみた感想と、黒ずみのビフォーアフター画像も公開しています。

この検証結果もぜひ参考にしてくださいね!

どうして肌に黒ずみができるの?

肌に黒ずみができるのは、黒ずみを作る悪循環を起こしていることが原因です。

その悪循環には日常的な刺激と肌の乾燥が関わっています。

それぞれ具体的に解説していきます!

日常的な刺激が黒ずみを増やす

服や下着の摩擦、頬杖・膝をつく圧迫など、肌への刺激が黒ずみ=メラニンを増やします。

また、紫外線も黒ずみにつながる要因のひとつです。

これは紫外線にメラニンを増やす作用とメラニンを濃くする作用があるからです。

(出典:http://www.skincare-univ.com/t/1244-porescare/)

肌が刺激を受けるとメラノサイトが反応し、肌細胞を守るためにメラニンを作ります

この増えたメラニンは、通常はターンオーバーによって古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

しかし日常的に刺激を受けているとメラニンがどんどん増え、ターンオーバーで排出しきれず、黒ずみが残ってしまいます

(出典:http://kenkyu.wakasa.jp/beauty/resveratrol/stains.php)

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルのことです。

古い角質を排出したり、新しい肌細胞を作って皮膚の水分をキープしてバリア機能を維持する役割があります。

基底層から角質層まで上がってくる過程で、バリア機能=水分保持に関わる成分が作られます。

(出典:https://www.placentaya.com/contents/turnover.html)

黒ずみが肌に残るのはターンオーバーが遅れている状態です。

そして、このターンオーバーの遅れには肌の乾燥が関わっています。

肌の乾燥が黒ずみを作りやすくする

肌が乾燥するとターンオーバーがスムーズに行われなくなり、バリア機能も低下して刺激を受けやすくなり黒ずみ=メラニンを増やします。

肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐために古い角質を分厚くします。

(出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1129.do)

これを角質肥厚といい、メラニンを含む古い角質が肌表面に残っている状態です。

古い角質がなかなか剥がれ落ちないため、水分を含んだ新しい肌細胞が上がってこれず、乾燥が悪化してしまいます。

さらに肌の乾燥はバリア機能の低下につながり、刺激を受けやすい肌状態を作ります。

(出典:https://www.kose.co.jp/carte_clinity/tellmedoctor1/)

バリア機能とは、表皮の一番上の角質層の水分を保ち外部刺激から皮膚を守る機能のことです。

(出典:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100022/102200003/?P=2)

  • 服や下着の摩擦を常に受けている
  • 洗浄力の強いせっけんを使う
  • ゴシゴシ洗いすぎる
  • 刺激の強いムダ毛処理を繰り返して必要な角質をはがしてしまう

このような肌への刺激がバリア機能の低下につながります。

保湿不足も肌の乾燥を悪化させる要因のひとつです。

肌そのものに保湿する機能=バリア機能が備わっていますが、それが弱くならないように、また弱くなったときサポートするために外側から保湿しなくてはいけません。

 

ここまでをまとめると、

  1. 日常的な刺激によってメラニンが増える・肌が乾燥しやすくなる
  2. 角質肥厚を起こしターンオーバーが遅れる
  3. ターンオーバーが遅れるせいで水分を含んだ新しい肌細胞が出てこれず乾燥する
  4. 乾燥によって刺激を受けやすい肌状態になる
  5. またメラニンが増えてしまう

この悪循環が肌の黒ずみを増やします!

肌の黒ずみはセルフケアで解消できる!

肌の黒ずみを解消するには、上記の悪循環を断ち切ることがなにより大切です。

  1. 刺激を減らす工夫
  2. バリア機能をサポートする保湿
  3. 黒ずみ=メラニンにアプローチする美白

この3つのポイントは絶対に欠かせません。

本気で肌の黒ずみを解消するために、意識して実践しましょう!

刺激を減らす工夫をしよう

肌にできる黒ずみは、日常的な刺激によってメラニンが増えてしまうことが大きな原因でしたよね。

  • 肌触りのよい下着に替える
  • ゴシゴシ洗わない
  • 頬杖をやめる

など、日常生活の中で肌に刺激を与えない工夫をしましょう。

紫外線によるメラニンの増加・濃くなる作用を予防するため、日焼け止めや日傘などを使った紫外線対策も効果的です。

また、カミソリを使ったムダ毛処理も、日常的に行っているとバリア機能の低下につながります。

ムダ毛が気になる方は、脱毛サロンや美容皮膚科などプロによる脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

徐々にムダ毛が少なくなるので、自己処理の回数が減り黒ずみ予防になります。

私は脇とVIOの脱毛をしていますが、あまり生えてこなくなって自己処理しなくていいので、今まであった黒ずみも少しずつ目立たなくなりましたよ。

保湿してバリア機能をサポートしよう

肌の乾燥は黒ずみができやすい肌状態にしてしまうため、クリームなどを使った外側からの保湿は必須です!

乾燥を予防することで刺激を受けにくい肌状態になり、メラノサイトの過剰な反応も予防できます。

保湿と聞くと顔や手足をイメージすると思いますが、忘れがちなのがVIO(デリケートゾーン)です。

下着の摩擦が常にあるのでメラニンが増えやすく、乾燥しやすい部位です。

皮膚が敏感で粘膜も近いので、デリケートゾーンに使える化粧品で保湿すると安心ですね。

美白して黒ずみを改善しよう

肌の黒ずみを薄くするには美白が必要です。

黒ずみの元はメラニンです。

排出を促したり今できているメラニンを薄くするなど、メラニンに働きかける美白成分が含まれている化粧品でケアしましょう。

セルフケアで黒ずみ対策をするなら美白クリームがオススメです。

美白クリームは黒ずみに効く有効成分が配合されています。

さまざまな商品がありますが、そのほとんどが保湿成分も配合されているのでバリア機能のサポートもできます。

塗るだけで良いので手間もかかりませんし、誰にもバレずにケアできるというメリットもあります。

噂の美白クリームで肌の黒ずみが解消できるか検証してみた

黒ずみ対策に効果的な美白クリームですが、

本当に効果あるの?

良いって聞くけど実際どうなんだろう

というのが本音だと思います。

そこで、実際に美白クリームを使って効果があるのか検証しました!

今回私が使ったのは、人気の高いワックス脱毛専門サロン「Ibiza Wax」が開発したイビサクリームです。

イビサクリームは医薬部外品のデリケートゾーン専用美白クリームです。

もちろん、乳首や脇など全身の気になる黒ずみに使えます

顧客満足度が96.7%ととても高く、返金保証などの特典も充実している題の美白クリームです。

私がイビサクリームを選んだ理由

さまざまな美白クリームがありますが、その中でもイビサクリームを選んだのは、

美白だけでなく抗炎症の有効成分も配合されている

というポイントが決め手でした。

肌の黒ずみの元であるメラニンを増やすのは日常的な刺激が原因のひとつです。

抗炎症成分が入っていることで、日常的な刺激による肌荒れの予防も期待できるなと感じました。

抗炎症成分にはグリチルリチン酸2Kが配合されています。

抗菌・抗炎症作用に優れた成分で、医療分野でも使われています。

また、美白成分にはトラネキサム酸が配合されています。

メラニンを作り出す情報物質や、メラノサイトの活性化に関わる成分を抑える作用のある成分です。

黒ずみ=メラニンができるしくみそのものに働きかける、とても効果的な美白成分です。

肌の黒ずみを予防・改善するには保湿も欠かせませんよね。

イビサクリームは保湿成分が豊富で、バリア機能に欠かせないヒアルロン酸も配合されています。

ヒアルロン酸はたった1グラムで6リットルもの水分を抱え込む作用があり、乾燥による黒ずみの増加・悪化の予防に効果が期待できます。

さらにイビサクリームには、香料や着色料など余計な添加物が入っていないので安心につながりました。

私の肌質は、

  • 敏感肌で乾燥しがち
  • アトピー体質
  • 花粉症などアレルギーあり

顔・体問わず、化粧品で肌荒れしてブツブツができることもよくあります。

余計な成分が入っているせいで肌荒れを起こすのが怖いので、肌に優しい処方であることも必須でした。

手の甲に塗ってみると、肌にすーっと浸透していく感覚がありしっとりします。

サラサラしたジェル状でにおいもありません。

肌に合わない化粧品を使ったときのピリピリ感もなかったです。

検証結果:肌に良い変化あり!

脇の黒ずみに一ヶ月イビサクリームを塗って効果を検証しました。

使い方は朝晩の2回塗るだけです。

ちなみに・・・

脇は脱毛サロンで脱毛を受けているのであまり生えてこないのですが、たまに生えてきたときにカミソリで剃っています。

脱毛前に比べたら黒ずみは薄くなったと感じていますが、それでも服の摩擦もあるので完全には消えず、ノースリーブを着るときには見えるんじゃないかとヒヤヒヤしていました。

一ヶ月使った結果がコチラ!

Before

 

After

まだ一ヶ月なので劇的な変化は見られませんが、少し黒ずみが薄くなってきた感じがします。

不安だった肌荒れもなく、むしろ肌のざらつきがなくなったような。

塗った後に汗をかいたらべたべたするんじゃないかと思っていたのですが、全く問題なかったです。

こういった美白クリームは即効性があるものではないものの、一ヶ月で肌に変化を感じられたのはびっくりしました。

実際に使ってみて、続ける価値アリだなと思いました。

 

イビサクリームの詳細を公式サイトでチェック!

3つのケアで肌の黒ずみを退治しよう!

肌の黒ずみをなくしたいと本気で考えているなら

  • 刺激を減らす工夫をする
  • 保湿してバリア機能をサポートする
  • 美白してメラニンを改善する

この3つを徹底的に実践しましょう。

肌の黒ずみ対策には上記のような美白クリームがおすすめですが、わざわざ買うのが面倒なら普段使っている顔用の保湿・美白化粧品で代用するのももちろんOKです!

なにもケアせずに放置していると、肌の黒ずみはどんどん濃くなる一方です。

今できることから始めましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*