乳首の黒ずみを解消する美白成分の効果を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美白化粧品を使って乳首の黒ずみを薄くしたいけど、何に注目したらいいのかわからない!とお困りではありませんか?

手ごろな価格で売っていて試しやすい美白化粧品ですが、乳首の黒ずみが薄くなるかどうかはやはり「美白成分」が重要です。

そこで今回は美白化粧品を選ぶときにぜひ注目してもらいたいおすすめの美白成分3つをご紹介します!

それぞれの成分がどのようなしくみで黒ずみにアプローチし薄くしてくれるのか、わかりやすく解説しています。

美白化粧品なら何でもいいというわけではないので、しっかり効果の出るものを選び乳首の黒ずみを薄くしましょう!

乳首に黒ずみができる理由

乳首の黒ずみはメラニンが関係しています

  • 摩擦によってメラニンが増える
  • 乾燥から守るためにメラニンが増える
  • 加齢でターンオーバーが遅れメラニンが排出されにくい

これだけでなく、さまざまな原因によって黒ずみ(=メラニン)が増えてしまいます。

乳首の黒ずみを予防・改善するには?

摩擦や乾燥を防ぎメラニンが作られないよう予防することが大切です。

ただ、これだけでは予防はできても黒ずみを薄くすることはできません

皮膚科でレーザーや外用薬を使って治療することもできますが、治療費が高く何度か通わなくてはいけないため負担がかかりますよね。

そんなときにオススメなのが美白化粧品です。

乳首の黒ずみに効く美白化粧品

美白化粧品って?

美白効果のある有効成分が配合された黒ずみ対策用の美白化粧品です。

厚生労働省に効果が認められた有効成分が一定の濃度で配合され、医薬部外品として販売されています。

なかには有効成分の配合量が少なく医薬部外品でないものもありますが、安全面や効果を高めるには医薬部外品がオススメです。

クリーム・ジェル・美容液など質感はさまざまで手ごろな価格で購入できます。

最近ではひじやひざの黒ずみだけでなく、デリケートゾーンの黒ずみや顔にも使えるものが多くなってきています。

購入するときは乳首に使えると記載されているものを選びましょう。

乳首の黒ずみに効く美白成分

美白成分のなかでも効果が高くおすすめなものをご紹介します。

乳首の黒ずみに使う美白化粧品を選ぶときのポイントとしてぜひ参考にしてくださいね。

トラネキサム酸

医療でも使われている成分で、大手化粧品メーカーのシミ対策化粧品にも使われるなど注目度の高い成分です。

シミの一種である肝斑の改善に効果があったことでシミや黒ずみにも使われるようになりました。

トラネキサム酸はメラニンができるしくみそのものに働きかけ黒ずみを防ぐ効果があります。

皮膚が刺激を受けメラノサイトが反応するとメラニンを作り出します。

このときプロスタグランジンという情報物質を発生させるのですが、トラネキサム酸はこのプロスタグランジンをブロックしメラニンを作らせない働きをしてくれます。

またメラノサイトを活性化させるプラスミンという物質があります。

トラネキサム酸はプラスミンの働きも抑えるので、メラニンが作られる初期段階からブロックする効果もあり黒ずみに対してとても有効な成分です。

(出典:https://osakado.cc/detail/021848_tranexamic-acid-250.html)

トラネキサム酸の注目ポイント

  • 医療でも使われる注目度の高い成分
  • メラニンができるしくみそのものに働きかけ黒ずみを防ぐ

プラセンタエキス

ターンオーバーを促進させる効果がありメラニンの排出を促します

メラノサイトはメラニンを作り出すときにチロシナーゼという物質を発生させますが、プラセンタエキスはこのシナーゼを阻害しメラニンが作られるのを防ぐ効果もあります。

(出典:https://www.cosme.net/beautist/article/2100865)

プラセンタといえばアンチエイジング化粧品によく使われていますよね。

紀元前から若返りや不老の薬として使われていたと記録が残っているほど美容効果の高い成分です。

肌のハリや弾力の元となるコラーゲン・エラスチンの生成を促す効果もあり、若々しい肌へと導きます。

美白も肌の若さも同時に手に入るプラセンタエキスは要チェックの成分です。

プラセンタエキスの注目ポイント

  • ターンオーバーを促進してメラニンの排出を促す
  • ハリや弾力のある若々しい肌に導く

ビタミンC誘導体

抗酸化・メラニンの生成を抑える効果のあるビタミンCを肌に浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。

抗酸化とは活性酸素が増えすぎないよう抑える働きのことです。

活性酸素は体を外部刺激から守る働きがある一方、増えすぎてしまうと細胞にダメージを与え黒ずみなどの肌トラブルを引き起こすと考えられています。

さらにビタミンC誘導体はターンオーバーを整える効果もあり、メラニンの排出を助け黒ずみのない健やかなお肌へと近づけます。

(出典:http://flair-shop.jp/feature/simivc.html

ビタミンC誘導体の注目ポイント

  • 抗酸化作用によりメラニンの生成を抑える
  • ターンオーバーを整えメラニンの排出を促す

乳首の黒ずみ解消は美白化粧品におまかせ!

(出典:http://weheartit.com/happyxw)

乳首の黒ずみの原因はさまざまですが、メラニンの生成を抑える効果のある美白化粧品を使うことで徐々に改善されていきます。

とくにトラネキサム酸は、メラニンができるしくみそのものに働きかけて黒ずみを防ぐという驚きの効果を持つ成分ですよね。

美白化粧品には美白成分以外にも保湿成分や肌を整える成分が含まれていて、商品ごとに特徴や価格も違ってきます。

自分にとって使いやすく続けやすいものを選べば、乳首の黒ずみを薄くでき肌の調子も良くなりますね。

このページを美白化粧品選びに役立ててもらえたら嬉しいです!

 

◎あなたにおすすめの記事はコチラ

【乳首をピンクにする方法】誰でもできる簡単な黒ずみ対策

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*