バストトップに黒ずみができる原因と薄くする4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉に行くとなんだかんだ人の体って見ちゃいますよね。

そして自分の体と比べるのって女子あるあるだと思います。

そんなとき気になるのが乳首のこと。

「他の人より黒ずんでる?!」ってショックを受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

普段見える部分ではないけど、やっぱり人より黒ずんでいるのはいやですよね。

彼に引かれたら超ショックだし、友達に相談するのも恥ずかしいし、できればバレずになんとかしたいものです。

今回はそんな乳首の黒ずみ事情について、どうして黒ずみが増えてしまうのか、これ以上黒ずみを増やさないために何ができるかご紹介します。

どうして乳首が黒ずむの?

黒ずみそのものの原因は「メラニン」ですが、乳首に黒ずみができる理由はいくつかあります。

摩擦

下着が乳首に触れることで摩擦があり、その刺激から肌を守ろうとメラニンが作られ黒ずみが増えます

摩擦による黒ずみは乳首だけでなく全身に起こる黒ずみの原因の一つです。

必要以上にゴシゴシ洗ってしまうことも乳首の黒ずみにつながります。

乾燥

乳首も顔や足と同じように、何もケアしていなければ乾燥が起こりやすい状態になってしまいます。

乾燥によって皮膚のバリア機能が低下し敏感になり、皮膚を守ろうと黒ずみの原因であるメラニンが増えてしまいます。

加齢

年齢を重ねるごとに皮膚のターンオーバーの周期は長くなります

すると古い角質や増えたメラニンが剥がれ落ちるまでに時間がかかり、黒ずみが目立つようになります。

妊娠・出産・授乳

妊娠によってホルモンバランスが変化し黒ずみが増える場合があります。

また出産後の授乳に備え赤ちゃんがおっぱいを吸う力から皮膚を守るために黒ずみが増えたり、赤ちゃんがおっぱいを見つけやすいように黒ずむとも言われています。

これは一時的なもので、人によっては授乳が終わると元の色に戻ることもあるようです。

肌が弱く炎症を起こしやすい

アトピー性皮膚炎やアレルギーなど、湿疹が出やすい体質の方や肌が弱く敏感な方は炎症により黒ずみが増えることもあります。

これは炎症性色素沈着と呼ばれています。

炎症によってターンオーバーが乱れてしまい、増えたメラニンが肌に溜まっていくことで黒ずみが目立つようになります。

乳首の黒ずみを防ぐには?

今よりも黒ずみが増えないようできることはあります!日々の生活に取り入れてみましょう。

摩擦を少なくする

せっけんは洗浄力の高いものは避け、しっかり泡立てて優しくなでるように洗いましょう

また、きつい下着はつけないようにすることで摩擦を防げます。

乳首に使える美白化粧品を使う

美白効果のある成分が含まれている化粧品を使うと乳首の黒ずみ対策に効果的です。

美白と保湿が同時にできるものがほとんどなので乾燥対策もできます。

クリームタイプ、ジェルタイプ、美容液タイプなど種類はさまざまで、値段も3,000円~5,000円前後で購入できるものが多いです。

さらに医薬部外品の商品を選ぶと乳首の美白効果がより期待できます。

今すぐ黒ずみを薄くしたい!

普段の生活で黒ずみが増えないよう気をつけたり美白化粧品を使うのは、すぐに効果が出るものではありません。

地道に続けることで黒ずみを防いだり薄くすることができます。

それよりも効果が出るのが早い方法が良いなら、美容皮膚科などの医療機関に頼ることも考えてみてはいかがでしょうか。

レーザー治療による黒ずみ除去

レーザーの種類や黒ずみの程度にもよりますが、1回の施術で効果があるものや数回施術を受けて効果が出るものがあります。

レーザー治療で乳首の黒ずみを薄くするには医師によるカウンセリングが必要です。

個人差があるものの施術時には痛みがあり、料金もおよそ2万円~と高めで保険適用外です。

外用薬を使う黒ずみ除去

美容皮膚科などで処方されるトレチノイン・ハイドロキノンなどの美白効果のある外用薬を使い、乳首の黒ずみを薄くすることも可能です。

外用薬は医療機関のみで処方でき、保険適用外であることが多いです。

黒ずみの程度によって納得のいく効果が出るまでは個人差があります。

外用薬は刺激が強いため人によっては肌荒れを起こすということも知っておかなければいけません。

乳首の黒ずみは無理のない方法で薄くしよう

今日から始められる黒ずみ対策も、医療機関での黒ずみ除去も、長い目で見て負担が少なく続けられるかどうかが重要です。

とりあえず美白化粧品を使って様子をみるのもアリだし、旅行など何か予定があってそれまでに黒ずみを薄くしたいなら医療機関に相談するのも一つの手です。

それぞれメリット・デメリットがあることも含めて選ぶと良いです。

私は乾燥を防ぐために普段顔に使っている化粧品を塗ってみようかな~と思います。

それでだめなら乳首に使える美白化粧品を買おうと思っています。

これからも皆さんに役立つ情報をどんどんご紹介していきますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*